Entries

カイゼン

 多銘柄の単発売買に移行してから1ヶ月ほどが経過した。 なんせ約10年ぶりの投資スタイルの転換なので、まだ慣れないというかあれこれ考えながらやっていると言ったところである。 固定銘柄の分割売買をやりだした時はその方が自分に合っていると思っていたが、今回多銘柄の単発売買に移行してからはこの方が自分に合っていると思うようになった。 う~ん、なんでだろう? 途中で性格が変わったのだろうか、いやいや性格なんてそうそう変わるものではない、変えようとしても変えられないのが普通だろう。 性格が変わったのではなく、思うに相場というかトレードに対する考え方が変わったのかなと思うが、よくは自分でも分からない。 固定銘柄の分割売買という一般的にはうねり取りと呼ばれているものであるが、今から思えばなんでこんな複雑なやり方をしていたのだろうと思うのである。 まぁ自分がそう思うだけでうねり取りをやってる人からすれば別に複雑ではないのかもしれないが。 しかし何事もシンプル・イズ・ベストを標榜する私からすれば、自分で言ってることとやってることが違っていたということになるのだろう。
 うねり取りをやっていたときはとにかく林の輝爺が書いた本の多くを読んでその通りにやろうとしてきたし、本に書かれていることは絶対的に正しいものだということで進んできた。 しかし今言えるのはそれらの本に書かれていることの少なくない部分は時代遅れの考え方であり、現在の相場環境には適合しない考え方であるということである。 内容的には色々あるがその象徴的なものを1つ、2つ挙げてみたいと思う。 まず1つは週足のチャートを見てはいけないというものであるが、デイトレーダーはともかくとしてもトレードをするにあたって一番重要なチャートは週足であると私は思っている。 もちろん日足のチャートもタイミングを取るのには必要なチャートであるが、どの銘柄を狙うか選定するには日足ではなく週足を見て判断するべきであると考えている。 次は多銘柄の単発売買というのは「当てもの売買」であり、プロはやらないと言う。 今ならこれは誰が聞いても「うそ」だと分かる。 現在専業投資家で多銘柄の売買をやっているプロとそうでないプロのどちらが多いかは言わずもがなである。 最後に輝爺の極めつけの誤りを指摘して終わりにしたい。 輝爺は相場では年率30%程度、うまくいっても50%程度が限界である、1年で倍になるようなやり方が存在するとなると経済が破たんしてしまうことになると言った。 じゃあ現実はどうなのか? 今は1年で倍なんてザラで、1年で10倍にするプロもいてるのである。 もちろん資金量的な制約があるから10億を100億にはできないが、1000万を1億にするのならできるのである。 まぁ10倍にできるのはプロの中でも限られたプロだけではあるが、現実にいることだけは確かである。 このことをあの世の輝爺が知ったらなんて言うだろうか。


株式ランキング

民事再生法

 ついにというかやっとというか森友学園が本日大阪地裁に民事再生法の申請をした。 このブログでも数週間前にこの件については言及していたから、私としては驚くに値しない既定路線である。 まぁその時は清算型の破産になるであろうと書いたが、実際は再建型の民事再生となった。 籠池一族としては学校法人を何としてでも存続させ、自分たちは経営権を手放したくないとの思いから会社更生ではなく民事再生を選択したのだろうが、再生案が認可されるかどうかは債権者による投票によって決まるので、もし投票の結果認可が認められなければ破産手続きに進むものとみられる。 そうなれば森友学園は消滅し、籠池一族は経営から手を引かざるを得ないことになる。 再生計画案が認可されるかどうかは債権者集会の投票で決まると言ったが、選挙のように債権者1人につき1票ではなく、債権額に応じて議決権が与えられる。 森友学園がどれだけの金額の負債を抱え、何先の債権者が存在しているのか詳しくは分からないが、この事件の報道等から推測するに圧倒的に学校の工事を請け負った建設会社の債権が大きいと思われる。 つまりはこの建設会社が過半数以上の議決権を有していると思われることから、再生計画案が可決されるか否決されるかはこの建設会社次第ということになる。 再生計画案を認めて学校法人を存続させて計画案通りの債権額の回収を図るか、それとも将来的にこの法人の経営に疑念を抱いて再生計画案を否決して破産に持ち込み、今現在の資産の中から回収を図るのかを建設会社が判断することになるのである。 普通に考えれば、これだけ世間を騒がせた学校法人の運営する保育園や幼稚園に自分の子供を預けようとする人たちがそれほどいるとは思えないから、今後の法人運営は厳しいものとなり、再生計画案通りの返済が行われるとは考え難いと思うのであるが・・・。

 ここからは相場のお話です。 今日は1銘柄を買い付けました。 先日までは次に買い付けるのは日経が18000円に迫ったときとお伝えしておりましたが、昨日の場が引けた時点で今回の調整が収束し、下げトレンドから脱却する可能性が出てきたと判断しておりました。 なので今日の安いところはどうにかして買い付けておきたいとの思いで3銘柄ほどの値動きを注視しておりました。 注視していた3銘柄のうちどうにかこうにか買えたのが6479のミネベアミツミで、あとの2銘柄は思うように下げて来ずでした。 約定値は1509円で引け値は1517円とほとんど買値で終えましたが、買えなかった2銘柄は上にぶっ飛んだまま引けておりました。 やっぱ強い銘柄はなかなか買うチャンスを与えてくれませんね。 さて今日の引け足で下降トレンドからの脱却はほぼ確定かなという気はしますが、仮にそうだとしても高い確率で今後もう一度下へ突っ込んでくると思われます。 その時は当然買い付けるチャンスだと思いますので狙っていきますが、狙うのは全体(日経)が突っ込んでも(下げても)さほど下げてない銘柄ということになりますね。 どんな銘柄が強い、下げないかと言えば、当然好業績銘柄ということになります。 業績を意識してトレードするの何年振りやろ? 20年近くが経つことだけは間違いないわ。 業績を重視してた時はチャートリーディングができてなかったし、多少チャートが分かるようになった時は業績を全く無視したトレードだったし、今回生まれて初めてまともなトレードをやるようになったように思うが、これで勝てるかと言えばそんな生易しいものではないことは分かっているつもりである。 いくら木を見る目ができても森がどうなっているかが把握できないと絶対に勝てないからね。


株式ランキング

日柄

 今日の日経は昨夜のNYが下げた割にはしっかりとした値動きでしたが、これは偏に為替が円高に走らなかったことによるものでしょう。 そんなことで引け値は昨日とほとんど変わらずでしたが、日柄を1日消化しました。 株価的には昨日と何ら変わりはないのですが、今日の1日を経過したというのは相場的には意味があることです。 外部環境に変化がなくても日が1日、1日と経つにつれ人間の心理は変化していきますから、これが相場にとっては重要なことなわけです。 何かイベントがあってその結果を受けて何がしかの感情が沸き起こり、その感情をもとに売買をすることで株価は上下するのですが、その感情は日が経過するとともに変化する、つまり普通はその感情は薄れていきます。 すなわち日が経てばイベントの結果は株価に影響を及ぼさなくなってきて、最終的にはそのイベントはなかったかの如く株価は元に戻ることになります。 例えが適切かどうかわかりませんが「人のうわさも75日」というのと同じだということです。 今は盛んに北朝鮮リスクが言われていますが、仮にこのまま核実験も行われず、ミサイルも発射されなかったとしたら、恐らくゴールデンウィーク明けには誰も北朝鮮のきの字も言わなくなるのではないでしょうか。 あの刈り上げデブが生きている限り状況は何ら変わらないにもかかわらずです。 ことほど左様に相場というのは人間の心理で動いているんだとつくづく思う次第です。


株式ランキング

不動産セクターに注目

 今日も日経はさほどの動きもなく引けており、ここ2,3日は下げ止まった感はあるも、下降トレンドラインからの脱却には至っていない。 日経がそうであるからほとんどのセクター、銘柄においても同様の動きをしているのだが、ここにきて不動産セクターの動きが注目に値する動きとなってきている。 銘柄によって多少差はあるものの、下げ止まりから上昇に転じて下降トレンドを脱却したと思われる銘柄が結構ある。 すべてのセクター(業種)を確認したわけではないのでひょっとしたらほかにも同じ動きのセクターがあるかもしれないが、私の目には不動産セクターが目に留まったので書いている次第である。 なぜ不動産セクターだけがこのような動きとなっているのかは、調べてもいないのでハッキリとした理由は分からない。 まぁチャートだけをパッと見た程度で言えることは、多くの銘柄が今年の2~3月にかけてピークを付けているのに対し、このセクターは昨年の12月にピークを付けたものが多く、すでに3か月以上に亘って下げてきたということで、他のセクターに先駆けて底入れしたのかなと思うぐらいである。 理由がどうであれ底入れしたと思われるセクターが出てきたということは、全体相場の方もここからは下げても知れているということが言えるのではないかと思うがどうだろう。 多くの投資家が待ち望んでいる18000円割れという事態に至らず、意外と夜明けは近いのかもしれない。


株式ランキング

不審者

 いつものウォーキングコースの途中に公立の小学校があるのだが、今日はその小学校の前を通りかかったら、子供5人ほどが下校していた列に保護者3人が付き添っていた。 例の千葉の事件があったばかりなので厳重警戒モードである。 今回の千葉の事件がなくても私の住んでいるところは10年以上前になるがやはり全国的に有名な小学生連れ去り殺人事件があった地域なので、その事件以来保護者の見守りの下での登下校が実施されていた。 で、その5人の子供に3人の保護者が付き添っている列の横を私が通りかかったとき、保護者の1人である女性が「こんにちは」と言った。 最初は誰に言ったのかと思ったが、周りには私以外の人間はいなかったので私に対して言ったのだと判断し、こちらも「こんにちは」と返しておいたが、これは私が不審者でないかどうかを判別するための声掛けだったんだろうと思う。 この小学校は一応住宅地の中にあるのだが、周りには畑や田んぼもあってそんなに人気が多くないところにあるから事件が起きやすい環境にあると思う。 私もウォーキングをしていても人とすれ違うことはほとんどないようなところである。 なので警戒心が強くなっているのだろう。 それとも私の人相が余程悪かったからだろうか? うーむ、自分では人相は悪い方ではないと思っているのだが・・・。 で、その公立の小学校をあとにして今度は某国立大学の付属幼稚園と小学校に差し掛かると、幼稚園児が保護者と連れ立って帰宅の途につくところに出くわした。 ここでは保護者から「こんにちは」と言われることはなかったが、門のところに立っている守衛のおじさんから「こんにちは」と声をかけられた。 この声掛けは私を不審者と思ったのではなく、去年のこの時期もいつも顔を合わせて挨拶をしていたので、たぶん顔を覚えていてくれたのだと思う。 今回の千葉の事件のように子供を守る側の人間が犯行を犯すともう防ぎようがない。 これをまたどうしたら防げるかなど考えない方がいい。 今回は犯人は男だったがじゃあ女だったらないかというとそんなことはない。 過去にいくらでも他人の子供を殺した女性の事件はあるからだ。 今回の事件は極めて特殊で極めて稀なケースであるからそんなことにまで対処する必要はないし、対処するとすれば膨大な(人的)コストがかかってしまうだろう。 人間が生きていくうえで世の中に100%の安全なんかどうせないんだから、ある程度の安全が確認されるならあとはあきらめるしかないと私は思うがね。 話は飛ぶが原発も然りである、仮に原発を廃止したとしてもどこかの国から核を積んだミサイルが飛んで来たらどうなるの? 頭がグルグル左巻きの人は原発は危険だから廃止しろと言うくせに、一方ではどこも攻めて来ないから防衛力なんか強化しなくていいと言う、これって矛盾してねえか、えぇどうよ?


株式ランキング