Entries

今週の戦略

 昨日の記事では今後の予想として悲観的シナリオしか書かなかったので、今週の戦略を書く前に楽観的シナリオの方を書いておきたい。 昨日書いた悲観的シナリオは、明日の寄付で空けるであろう窓を3日以内に埋めることなく下げるケースを想定したものだったが、3日以内に窓を埋める場合は下げのモメンタムが強くなく、それほど下値を試すことなく下げ止まり、やがて上昇に転じるというケースを想定している。 この場合の下値は恐らく窓を埋めるまでに付けた下値が今回の安値となる可能性が高いように思う。 つまり窓を埋めてから後に安値を更新するようなことにはならないのではないかということである。 このケースの場合の下値(安値)は日経平均で言うと19200円台で止まるのではないかと勝手に予想している。 ということで今回の調整は楽観シナリオの場合で19200円台、悲観シナリオの場合で18500円~18600円ではないかと思っている。 今の時点でどちらのシナリオになるかなんて分かるはずもないから、1日、1日の値動きを追ってどちらになる可能性が高そうかを見て行くことになる。 それと楽観、悲観の両シナリオのどちらかになるというものでもなく、その間の中間的なシナリオもあり得るのだから、やはり日々の値動きで軌道修正を図っていくしかないということになる。

 そこで今週の戦略となると難しいものがあるが、できれば明日の月曜日は様子見をして静観するのが無難なように思う。 今の時点では明日以降下げる可能性の方が上げる可能性に比べると高いように思えるから、恐らく相場はその方向へ動くのではないかと思われる。 だが私の今のポジションは売り3銘柄に対し買い1銘柄であるから、ここでどうしても更に売りを重ねる必要性はない。 もしここで売りを重ねて先の楽観シナリオとなった場合は損切りとなる可能性が出てくる。 まぁそれでも弱い銘柄を売っておけばそうそう損切りになるものではないと思うが・・・。 金曜日の時点では月曜日の寄付で2銘柄ほど売りを追加してやろうかとも思ったが、今はそんなに売り急ぐのはチョッと…、と思っている。 なので明日はいい売り場があれば売ってもいいかなぐらいのスタンスで臨もうと思っている。 明後日以降の戦略は今の時点では立っていなくて、日々の値動きを見て逐次立てて行くことにするが、少なくとも今週の買いはないつもりである。


スイングトレードランキング

来週どうなる

 CME日経先物の価格からして週明けは窓を空けた大幅下落で寄り付くことは間違いないが、その空いた窓を埋めることができるかどうかで今回の下落(調整)がどの程度のものになりそうかを予想する一つの判断材料となると思っている。 水曜日の時点ですでに窓を空けた下落スタートとなっており、月曜日には二つ目の窓を空けることでスタートする。 仮に月曜日二つ目の窓を即日埋めることができたとしても、一つ目の窓を埋めることはまずできないと思われる。 もし二つ目の窓も埋めることができずに月曜日引けるようだと二つの窓を抱えることになってしまう。 そうなるとこの下落はそこそこ強いものとなることが予想される。 つまり月曜日に空けた窓をすぐに埋めれるかどうかで今後の下落モメンタムをある程度予想することができるように思うのである。 今の時点でこう言っては何だが、月曜日予想される寄付値から250円以上上げないと窓を埋めることはできないことから、即日の窓埋めの可能性は低いように思われる。 話を進めるうえで一応窓を埋めれなかったと仮定してみる。 そうなると恐らく3月、4月の調整局面の時よりモメンタム的にはやや強い目の調整となるように思われる。 そうなった場合、株価的にどのあたりまでの調整となるのかであるが、私は18600円辺りではないかと予想している。 4月の半ばに相場が反転上昇していったとき18600円台~18800円台のところに窓を空けたままになっていることもあるし、3月~4月の調整が1300円幅程の下落だったから、今回はそれよりやや強めの調整だということで1700円幅ほどの調整になるのではないかということである。 あくまで二つ目の窓を埋めることができなかった場合ということであって、即日でなくても翌日なり翌々日までに埋めることができれば、下落のモメンタムがそれほど強くないということでそこまで下げないかもしれない。 まあ以上は窓空けだけを要因に述べた私の勝手な予想である。 したがって上記した株価の下値めどはあてにならないが、下落(調整)はしてもまず暴落はないということだけははっきり言える。 まあ人によって暴落の定義が異なるであろうから、私の下値めどまでの1700円幅下落を暴落だと言われればそれまでだが、普通はこの相場の世界でその程度を暴落だということはないと私は思っている。 その程度を暴落というなら1年に何回か暴落が起こることになる。 あと今回の下落の原因を北朝鮮の挑発によるものだとして、過去に何度も北朝鮮は同じような挑発的なことを言ってきたこともあり、今回も同じであるから相場(株価)はすぐに戻すというようなことを言ってる某有名サイトの記事を見たが、私には???であった。


株式ランキング

ヒッキー極まれり

 大変なことに気が付いた。 大変なことというのはNYの株式市場が急落しているというようなちんけなことではなく、この10日間家から一歩も外に出ていないことである。 今月の1日(火)にクリーニング屋に行ってからというものまったく外出していない。 いや外出という大げさなものよりなにより玄関から一歩も出ていないのである、生まれて初めてのことだ。 病気や怪我でもない健康な人間が10日間も家から一歩も出ないなんて普通は考えられないことである。 だがいわゆる引きこもりの人にとっては10日間なんて全然なんだろうね。 そうかぁー、私なんてまだまだなのかぁー、っていやいやそんなことに頑張らなくていいから・・・。 ということで明日は何とか頑張って外出してみようと思っている。 明日はクリーニング屋に出していた洗濯物を取りに行くのと、いつもの大学病院(皮膚科)に行こうと思っている。 これが実現すれば引きこもり記録は途切れることになるがやむを得ない。 いやだからそんな記録なんてどうでもいいから・・・。

 今日は山の日とか言うわけわからんしょうもない祝日である。 このブログで過去に何回か言ってきたが、どうでもいいようなしょうもない祝日は早く廃止にしてくれないか。 もしそういう法案を提出する政党があれば、わたしゃ他の政策がどうであれ無条件でその政党に投票するぜ。 祝日は現行の半分ほどでいい、ここ40年、50年以内にできた祝日は要らない。 日本の国力が衰退した原因の一つが祝日の乱立制定であることを私は信じて疑わない。 だからもう一度言う、「しょうもない祝日は即刻廃止しろ」「しょうもない祝日は諸悪の根源である」以上。

 相場については今夜のNYまで見届けてから明日書いたほうがよさそうなので今日のところはスルーします。 NY以上に日経(先物)が下げた形になってますが円高が進んでいるから仕方ないですね、ドル円は108円台突入で前回6月の安値に面合わせですか。 ここまでならいいですけど4月の安値を割り込むとちょっと厄介なことになりそうですね。


株式ランキング

1銘柄売り

 今日は8337の千葉興業銀行を寄付値569円で売りました。 終値は567円で引けています。 今週末で売りを4銘柄保有する計画にしていましたが、手仕舞いした銘柄もあったりして昨日の時点で2銘柄になっていましたので、今日はどうしても1銘柄売っておきたかった。 これで売り3銘柄、買い1銘柄となって今週を終えました。 ポジション的には悪くないと思っていますが、買い銘柄が予想に反して下げていますのでこの分がストレスになっています。 ただ売り銘柄は順調に下げてきていますので全体的にはそれほどでもありませんが・・・。 

 全体相場のほうは今日は下げ止まった形ですが、反発もしていませんので決して強くはないですね。 だからやはり下方向への展開を想定せざるを得ないことになりますが、ここから先のイメージがまだ湧いてきません。 ある程度は下げるのでしょうが世界的なリスクオフにならない限りはガンガン下げるということにはならないはずで、せいぜい4月の時レベルの下げで収まるかと・・・。 まあ4月レベルとしてもそこそこ下げることにはなりそうですが。 あっ、4月レベルというのは株価水準のことを言ってるのではなく、モメンタム(勢い)のことですので・・・。 じゃあもし北の刈り上げデブがミサイル4発をグアムに向けてぶっ放したら世界的なリスクオフとなるのか? となると一般常識的には「なる」のかもしれませんが、なんせ相場のことですから「ならない」かもしれません。 「なる」か「ならない」かはわかりませんが、初動は間違いなく下へ動くということだけは言えるのではないでしょうか。 その初動でド~ンと下げたところをさらに下げるとみて売るのか、下げは一時的とみて反発狙いで買うのか、ということについての正解は「何もしない」です。 とにかく相場が落ち着くまで数日は静観するのが正解です。 これは相場の世界では常識ですね。


株式ランキング

1銘柄決済し1銘柄新規買い

 昨日監視銘柄を見ていたら絶好の買いポイントに来ていると思われるものが2つ目にとまったので、昨夜から今日は買いを入れるつもりでいた。 寄付から全体が下げる中にあってパソナ(2168)は値を上げて行き、買い時を逃したかと思ったが、その後下げてきたので予定していた値より高かったが1208円で買い付けた。 一方、売っていた名村造船所(7014)が全体が下げる中にあってやけに強い動きをしそうな気配が感じられたので、決済したほうがストレスを残さなくていいと思い630円で決済した。 売値は635円だったので微益にしかならなかったが、運よく今日の最安値で売れたことになったのと、引け値は643円となっているからもし決済しなければストレスを抱え込むことになっていた。 名村造船は何とかうまく逃げることができたが朝買ったパソナがその後も下げ続けて引け値は1181円となった。 含み損になってはいるが高値、安値ともに昨日より切り上げていることからそれほど心配はしていない。 ということで今日終了した時点では買い1銘柄、売り2銘柄となりました。
 保ち合いが続いていた全体相場(日経平均)はやっと動きが出て6月15日の安値を割り込んだ。 保ち合いを下へ放れた形となったことで明日以降下への動きが想定されるところではあるが、ダウ理論的には安値を切り下げたのと6月20日が高値として確定したまでで、高値の切り下げにはなっていないから、まだ今の時点ではダウントレンドとはなっていない。 なので今日は大きく下げたが明日以降いつでも上昇を再開して高値を更新するという可能性は理屈的にはそこそこある。 そう、ちょうど4月の時のように・・・。 あの時も安値を切り下げただけで高値は切り下げていなかったから理論上のダウントレンドとはならずに4月中旬からスルスルと値を上げて行き高値を更新してしまった。 なので今日の大陰線で「売りだぁー!」は気が早すぎると思うのだが、上よりは下への可能性が高くなったのは間違いのないところだから少なくとも買いは最小限に控えないとだめでしょうね。 あとは買い持ち玉の損切りの徹底でしょうか。


スイングトレードランキング

Appendix

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR