なんもない

 今日は相場に関しても特にないし、相場以外のことについてもここ2,3日で大分書いたから特にないです。 なので紙面をいかに埋めようか困っています。 書くことなけりゃ書かなきゃいいだけなんだけど、ブログをやってて特別な事情もないのに休むというのはどうも気が進まない。 なので無理くり適当に書いてみることにするが、私が無理に書こうとするとどうしても下ネタになってしまうがお許しいただきたい。 下ネタもライトなやつだと面白みに欠けるし、ヘビーなやつだとドン引きされるしで難しいところがある。 たしか映画館でおかまに親指しゃぶられた話は過去にしたと思うから、今日は外国人ネタで行こうと思う。 外国人ネタといってもいつもの外国人観光客ネタではなく、外国人売春婦ネタである。 先に言っとくけど別に面白い話ではありません、ただ白人とやったというだけです。 銀行で渉外(営業)職をやっているとスナックなどの飲食業をやっている顧客の担当になることがある。 特に繁華街に近い支店だとその手の顧客がどうしても多くなる。 まぁほとんどは普通のスナックやクラブなんかをやっている顧客なのだが、中にはそうでないちょっとやばいことをやっている顧客もいたりする。 で私が大阪のある支店に在籍していた時に難波支店から転勤してきたある先輩がいた。 今から30年近く前のある日、渉外職の連中で飲みに行くことになってみんなでミナミへ繰り出した。 向かった先はその先輩が難波支店在籍時に担当していたスナックのようなクラブのような店だった。 その店は当然酒(アルコール)も飲めるのだが、店の女と「やれる」システムになっている店だった。 その店の女というのが外国人ばかりでいろんな国の女がいたが台湾が一番多かったように思う。 入店してしばらくはみんなで話しながら酒を飲んでいたが、みんな酒を飲みに来たというよりやりに来たので、そのうち女と連れ立って店を出て近くのラブホヘしけ込む段取りである。 問題はどの女と店を出るかであるが大抵はそれまで席で一緒に飲んでいた女と出ることが多いようだった。 私は同期の奴と一緒に飲んでいてそこについた女二人と店を出たのだが、もう一人の同期の奴が「どっちの女がいい?」と聞いてきたので「どっちでもええわ」と言うたら、同期の奴が「ほんなら俺こっち」と言って、私に残った女がスペイン人の女だった。 顔は好みではなかったがスペイン人とやれるなら「まっ、いっか」でホテルへ向かったのだが、言葉が通じないのと文化も違うしで事が終わった後には外人特に白人はもうええわと思った。 あとで台湾人にしとけばよかったと後悔した、というのも課長は台湾人と店を出たのだが、次の日職場で課長が「よかったわ!」と言うのを聞いたからである。 でもね、その時はアジア人ならいつかまた機会はあるかもしれないが、白人とはなかなかそういう機会はないだろうからここでしとかないとと思ったからね。 あっ、ここまで書いて思ったんだけどひょっとこしたらこの話以前にも書いたかもしれん。 書いてないように思うがもし書いてたらゴメンナサイです。 ところでこの店って今でもあるんやろか? それとも警察の摘発でなくなってる? いや、それはないと思う。 というのも売春の証拠がつかまれへんから。 金は店の中で渡して、店の外のラブホに行ってやから自由恋愛という理屈が成り立つからね。 飛田みたいに店の2階でやってても捕まらへんのに・・・。 あっ最後に大事なこと言い忘れてたけど割と安かったで。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック