しっかり下げる

 今日のMUFGはガッツリ下げたという感じでしたね。 やはり1日の高値は超えそうにないです、超えて行くのなら今日こんなには下げないはずです。 もちろん100%ではありませんが、ほぼ間違いないんじゃないかと・・・。 となると昨日建てた買い玉が邪魔になってくるわけですが、まぁここで損切りはないですね。 この程度で損切りしてたら損切り貧乏になってしまいます。 明日以降下げたとしてもポジションは3-1なので問題ないし、買い玉の建値(532.5円)と同値の売り玉があるので全く大丈夫です。 まぁそうは言うものの、やはりこのままだとそのうち買い玉が目障りになってくるんでしょうが、それはそういう手法でやっているので仕方ないです。 いやぁ、全体相場(日経・トピ)の方も3本の平均線とローソクがぴったり重なってしまってめったにない光景になってますな。 ほんでこの現象をもって、いずれそのうちどちらかに大きく放れることになるであろうという記事をあちこちで見かける。 大きくというのがどれほどの値動きのことを言っているのかにもよるが、私は以前から言ってるように2月1日高値と2月12日安値の間で上げ下げするだけのことで、それらを超える値動きにはならないと考えている。 これらの値を超えないのであれば個人的には大きく動いたことにはならないと思っている。 将来的にはいずれ2月12日の安値は下抜いてくると思っているが、ここからの保ち合い放れで一気にそれはないだろう。 だから私は、「この保ち合いをどちらかに放れたらそこそこ動くことになる」ぐらいの言い方でいんじゃね? と思うのである。 まっ、大きい動きかどうかはトレーダーの時間軸によってそう思う人もいれば思わない人もいるということになるんでしょうね。

 相場以外のネタ話ですが、やっぱり今は舛添君に触れないわけにはいかないでしょうね。 まぁこの問題は明らかに度を越していると思われ、本人が釈明すればするほど反感を買うという図式になっているようですな。 今回はこの人の「ケチ」な性格がすべてに出てしまって問題になっている。 標準語では「ケチ」、関西弁では「セコイ」と言うが、舛添君の出身地の方言では「コスイ」と言う。 やはり「ケチ」、「セコイ」、「コスイ」性格の人は人の上に立つべきではないと思うのよね。 本人は辞める気はないようだがここまで開けっ広げにされてしまったらもう誰もついてこんでしょ。 このまま居座っても仕事がやりにくくてしゃあないと思うんだけどなぁ、まぁ私がそう思うだけで政治家さんはそんなことぐらいどうってことないのかもしれないが・・・。 世間はこの問題でかなり怒り心頭のようだが、私個人は東京都民ではないこともあるし、生まれ持った性格に起因することでもあるし、いうても金の使いみちだけの問題やし、程度の差はあるだろうが舛添君以外にも同じようなことをやってる政治家は他に何人も居てるだろうしで個人的には怒り心頭ではない。 私は金額にしてせいぜい数百万円程度の金の使いみちがどうたらこうたら言って連日マスコミが追及しているこんな問題よりも、数兆円以上の国益を失ったことになる可能性がある問題について、追及すべき対象がはっきりしているにもかかわらずマスコミが一切追求しようとしないことに対して怒り心頭なのである。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック