サラ川

 毎年恒例の第一生命のサラリーマン川柳は面白いので楽しみにしているが、今年の第1位の作品を読んだ時の感想をぶっちゃけ言うと、「ハァ? なんなん、これ」「これのどこがおもろいの?」「これで川柳て言えるの?」「なんでこれが1位やねん」であった。 知らない方のためにその句をここで挙げると、「退職金 もらった瞬間 妻ドローン」である。 この句の決定的な過ちはドローンである。 おそらく作者にしてみれば逃げ隠れるドロンとドローンをかけたつもりなのだろうが、全くかかってないから。 この句の背景のどこにドローンが出てくる場面が想像できますかということである。 私はこのようにこの句を読んだ瞬間に思ったのだが、いや、1位になってるぐらいだから私の解釈がどこか間違ってるのか、あるいは抜けているのかなと思ったりもした。 そんな私のモヤモヤをきれいさっぱりと吹き飛ばしてくれたのがワイドナショーに出ていたダウンタウンの松本人志とナイツの塙だった。 まっちゃんも私と全く同じ指摘をしていて塙も同意していたことで、私の解釈は間違っていなかったことが証明されたのである。 なんでもこの句は2位に大差をつけての1位だったということである。 まったくもって不遜な言い方になってしまうが、私はこの句を1位に選んだ人たちのセンスを疑うのである。 面白くないというのはもちろんだが、それ以前にこの句は川柳の体をなしていない。 それを1位に選ぶ神経がわからんわ。 この手のものはいい悪いというよりも選者の主観によるところが大きいものであるが、それにしても今年の1位はひど過ぎると思うのである。 私が審査するならこの句は選外である。 誤解のないように言っておくが私はこの句の作者をぼろくそに言っているのではなく、この句を選んだ人のセンスに対して言っているのである。 ユーモアセンスのない私でもわかるようなことを恥ずかしげもなく堂々と発表しよったなと思ってしまうのである。

 相場に話し変えます。 日経平均の方は割とあっさりと17000円に乗せてきましたね。 これで一応保ち合いは抜けたとみていいと思うんですけど、出来高が依然として増えてこないですね。 私が上値余地はあまりないと言っているのもこのようなところで表されてるのかなという気がしている。 出来高がそれほど増えないままじり高が続き、17500円から18000円の間のどこかでピークを売って下降トレンドに転じるというのが私の描くメインシナリオです。 MUFGの方は上げはしましたが、やはり出来高が少ないので850円の壁は越えられません。 まぁ今日は米国が休場なので出来高が少ないのは当然なのですが・・・。 ということは明日も出来高は期待できないから850円越えは無理ということになりますかね。 まっ、そのうちドーンと上がる日が来るでしょうからそれまで待ちます。


株式 ブログランキングへ


 

コメント

非公開コメント

トラックバック