何が最も大事か

 よく言われることにトレードで勝つためには何が一番重要かということがある。 初心者のころは誰もがエントリーポイントだと考える。 つまりエントリーさえ間違わなければあとは利益になるのを待っていればいいのだからと考える。 しかしそのうちエントリーが正しかったとしてもエグジットをどうするか、どこでするかで損益は変わってくるから、損切りなり利食いが重要であると考えるようになる。 そして本やネットでも損切りが重要、損切りさえ確実にできれば大損はしないから退場になることもない、よって損切りを含むエグジットが一番重要であるという考えが結構幅を利かせている。 初心者の域を脱すると大抵このような考え方に変わってくる。 そして次の段階になると重要なのはなんと言っても資金管理であるという考え方になってくるのが普通だろうと思う。 いくら損切りを確実に励行したとしても、資金管理を無視したやり方をしていたらいずれ退場ということになる可能性が高くなる。 じゃあある程度的確なエントリーをし、損切りを確実に行い、利食いもそれなりの値幅を取り、資金管理を徹底すればそれでいいのか、またそのような売買ルールを作ればそれで勝てるようになるのか、というとそうではないと私は思う。 仮にそういうルールができたとして、作ったとして、そのルールを実行するのはトレーダー自身である。 いくら素晴らしいルールができたとしても、そのルールをトレーダーが守らなくては意味がない。 ルール通りに実行できるか、つまりルールを守れるか守れないかはそのトレーダーのメンタル次第である。 だから今日のタイトルの私の答えは「メンタル」ということになる。 極論すればメンタルが強いか弱いかでトレードの成果は決まってくると私は考えるのである。 即ちメンタルの強いトレーダーは儲けることができ、メンタルの弱いトレーダーは儲けることができないということになる。 ではメンタルを強くするにはどうしたらいいのか?ということになるが、これは私が思うには「トレードを数経験すること」が近道ではないかと思っている。 当然のことながら以上の論理は期待値プラスのルール、手法を既に持っていることを前提としたもので、持っていなければいくらメンタルを強化しても勝てないのは言うまでも有りません。

コメント

非公開コメント

トラックバック