今週はムズイ

 とりあえず明日の寄付は安く始まる可能性が高いと思われる。 金曜日の米国では日経平均が200円以上下げ、MUFGも10円程下げているのでそう思っている。 今夜のドーハ産油国会合の結果がどうなるか今の時点では分からないが、どのような結果になっても株式相場の上昇にはつながらないように思える。 まぁどのような結果になってもというのは正確ではない、株式相場が上昇する可能性は減産合意した時だけあるが、今回の会合で減産合意なんてまずあり得ないので先のような表現をした次第である。 今回の会合ではよくできて増産凍結合意だろうから、それだと今のままで供給量は変わらないのだから原油価格の上昇要因には成り得ない。 まぁこれ以上は供給が増えないという見通しが立っただけでもマシと言えばそうなのだろうが相場に対するインパクトはない。 仮にあっても一時的なものに終わるはずである。 ということで明日の相場は軟調な展開を予想しているのだが、明後日以降はわからない。 一応前にも書いたがMUFGは500円近くまで下げることを想定しているが、その後の動きとしてはそこから切り返して上昇して行くパターンと8日の安値前後まで下げるパターンを想定していて、前者7割、後者3割の可能性で見ている。 これ以上は明日以降ローソク足が1本増える毎にその足から先行きを推測して行くしかない。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック