チャート、チャート、チャート

 昨日の包み気味の陽線が気になったこともあり、来週以降の動きを値動きをチャートから推測するべく、昨日の夕方からず~っとチャートを凝視していました。 まぁ自分なりに検討した結果は、下げずともこのまま一直線に上げることはまず考えられないから、今のポジションでも逃げ場はこの先もあるはずである、というものになりました。 金曜日に順張りで1単位さらに売り建てた理由はMUFGのチャートからのものではなく、米国のチャートからのものでした。 私的にはダウ、S&P、ナスダックのチャートから米国はこれから下げに転じると判断し、それなら日本の株価も当然下げると読んでのものでした。 私的には米国も昨年でピークを打ったと判断しているので高値更新はしないとなると今から上値余地もそれほどないし、何より日足チャートが「ハイ、今から下げに転じます」と言っているように見えて仕方がなかったんです。 そんなわけでセオリーに背いて順張りの増し玉で売り平均値を下げてでも売り建てを敢行しました。

 話は変わってカップヌードルのCMの件だが、またまたくだらんクレームをつける輩の所為で放送中止に追い込まれた。 まぁこの手のクレームをつけるバカはどうしようもないからほっておくが、企業側、今回の例で言えば日清食品さんにはCM放映企業としての矜持をもっと持ってほしいと思う。 現在の企業は消費者に対しておもねり過ぎであるように私には思える。 お客さん(消費者)あっての商売なのは分からないではないが、全てのお客さんが満足するようなサービスを提供することなんて現実問題として不可能なわけだから、一部の少数意見まですべてに対応する必要なんかないのである。 私がいつも言う「世の中は程度問題」なのであるから100%なんて目指す必要は最初からないんだよ。 今回の件もモンスターペアレンツと一緒なんだから勝手に言いたけりゃ言わしときゃいいんだよ。 あ~この国の行く末を憂う気持ちが日に日に増していく、どうなるんだ日本!


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック