ゼミのOB会

 月曜、火曜と所用の為早起き?したので今日はゆっくりと朝寝したら前場は既に引けてました。 今週はもう見る必要はないと思うので明日以降もこんな調子の生活になりそうです。 昼近くまで寝てたら1日2食で済むから食費が掛かんなくていいよね、って言っても、いつも100円も掛からないような食事しかしてないからそれほどの削減にはならないんだけど。 以前のように食に対する執着がないので、好きなもので腹が膨れたらいいくらいにしか考えていない、特に昼食に関しては。 なので卵かけごはんとインスタントの味噌汁だけでも良いやということになって、そうなると原価はほんの数十円で済むんだわ。 これに慣れるとカップラーメンがすごく贅沢な食事に思えてくるよ。 しまむらに慣れるとユニクロがすごく贅沢に思えてくるのと一緒で・・・。 あまりこの手の話ばかりするとこのブログが貧乏臭くなるから今日はもうこの辺で止めにしておこう。

 で、話は全然変わって先日大学時代の友人からお手紙をもらいまして、何事かと思って開封したら、ゼミのOB会をこの春に開催するので参加してくれとのことでございました。 私が社会人になって2~3年目のころには一度出席したことはありましたが、その後は教授が亡くなられたこともあって、OB会自体がほとんど開催されない状態が続いていました。 それがゼミ1期生の方達が隠居生活を始める頃となり、時間を持て余していることから今回の発案に至ったようです。 我が大学の教授に着任される前までは当時の経済企画庁においてGDP、GNP等マクロ経済に関する仕事に携わっていた方なので、もしご存命であれば是非とも今の経済状況について考えているところを聞いてみたいところですが、それも今となっては叶いません。 まぁ、出席しないといけないということもないのですが、関西で開催されるのに関西在住の者が出席しないというのはどうも私の主義にそぐわないので、とにかく出席で返事を出そうかなと思います。 卒業後はほとんどの方がUターンやら転勤やらで全国に拡散してしまっておりますから、せめて関西に居を構えている者は出席する方向で考えないとアカンのとちゃいますかね?ということです。 個人的にはチョット残念なところがあって、何かと言うと今回の開催地が大阪でして、私としてはやはり学び舎のある京都での開催を希望するところです。 だってその方がいろんな思い出に浸れるじゃないですか、似非山口百恵のいた北白川の喫茶店とか、月2回形成外科に通い続けた京大病院とか、試験期間になると普段以上に通い詰めた円町のパチンコ屋とか、屋台のラーメンというものを生まれて初めて食べた花園駅前の屋台のラーメン屋とか、注文した焼きそばを残したら怒られた大学近くの中華料理店とか、そんないろいろな想い出のある京都が好きなんです。 このような学生時代の思い出もあるのですが、社会人になってからの独身時代も京都に関しては結構な想い出があって忘れられない地なんです。 ただ社会人になってからの思い出は学生時代の思い出のようにここに書くわけにはいきません。 おそらく墓場まで持っていく思い出になると思います。 ということで今日は相場の話は全くない記事内容でしたが、たぶん明日も相場に関しては書くことないと思います。 そんなところですがとりあえず明日も頑張ってみましょう。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック