私鉄銘柄

 昨年12月からほとんどの銘柄が下げ続けてきた中にあって、私鉄銘柄の踏ん張りというか健闘と言ったらいいのか、とにかく下げずに高値圏をキープしているのだが私にはこの理由が分からないのである。 西鉄なんか高値圏キープどころかガンガンに上げ続けているがなんで? この私鉄銘柄の好調さについて書かれたブログやネットの記事を私はまだ見たことが無いのだが、これは私鉄銘柄なんて投資やトレードの対象になっていないということなんだろうか? それはともかく私鉄が下げない理由を考えてみたのだがイマイチわからないのである。 まず思いつくのがインバウンド関連ということだからか? と思ったが、いくら外国人観光客が増えているからと言ってそこまで業績に寄与するものなのか? いや、違うだろうと思うのである。 同じ鉄道でもJR銘柄はそれなりに下げている、私鉄だけが高いのである。 にしても西鉄のあの異常なほどの上げっぷりはいかがなものか? 最近は中国から博多へ大挙して観光客が押し寄せているとチラッとは聞いたことはあるが、株価があそこまで上がる理由にはならんだろう。 不動産が上がっているというなら分かるんだけど、不動産自体も上がってないし、不動産株も上がってないんだからわからんのである。 まぁわたしゃ私鉄アナリストではないから分からなくても別にこまりゃせんからいいんだけどね。 取り敢えず私なりの結論としては、産油国の政府系ファンドが今まで私鉄銘柄を買っていなかったから下がらないだけ、ということにしておきます。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック