新値24本目

 今日は朝の9時半からデストロイヤーに足4の字固めを掛けられて悶絶しておりまして、「もうアカン」と思いかけた時体が反転して裏返り、技を掛けた方が苦しくなるという場面がしばらく続いたのですが、昼の1時半には再び体が反転してこちらが苦しい状態になりました。 10時の時点では今日はギブアップ必至やなと思っていたのですがなんとか耐えることができました。 でももし明日長州力にサソリ固めを掛けられたら多分耐えれないと思います。 と言う様な今日のMUFGの相場でした。 全体相場の方は今日も下げて追加緩和以前の株価に戻ってしまっていますが、2014年の追加緩和をやったときも一旦は緩和発表前の水準近くまでほぼ戻していますからまぁこんなもんでしょう。 2014年の時は一旦下げた後じわじわと上げて行きましたから、今回も同じような道をたどる可能性は多分にあると思います。 明日からの相場に期待してみましょう。

 今年に入ってから芸能界を中心にまぁいろいろと大きなニュースが世間を騒がせておりまして、それらに対して世間ではあいつが悪い、いや、こいつが悪いと大変かまびすしいのですが、私は世間を騒がしたそれらのニュースの当事者に対して「こんなことしやがってとんでもない奴だ」と思う人は誰一人としていません。 「まぁそんなこともあるよね」ぐらいにしか思えないんです。 そんな私でも「絶対に許せん」と思ったニュースの当事者がいてまして、世間では問題視されていないというか叩かれていないのですが、個人的には無茶苦茶腹が立つんですね。 それは誰のことかというと甘利前経済再生担当相に現金を渡した千葉の建設会社でして、私が腹を立てているのは現金を渡したことだけではなくて、県所有の土地の不法占拠とか、URに対して言いがかりをつけて法外な補償金をせしめたこととか過去にやってきた様々な悪行に対してです。 甘利前大臣は明らかにこの建設会社に嵌められたわけで、こんな輩企業を野放しにしておくわけにはいかないでしょう。 まぁ今回の件でもう誰も相手にしないでしょうが・・・。 マスコミはなぜこの輩企業を追求しないのか? 週刊文春には絶対できないことなのでそれ以外のマスコミさん、なかでも週刊新潮さんには頑張ってもらいたいところなんですけどね。

 ということで相場の方は明日もがんばってみたいと思いますが、サソリ固めを決められたらギブアップしてしまいそうです。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック