今週の見通しとトレード方針

 今週の見通しとしては全体相場で言うならそれはもう戻りが継続していくとしか言えないでしょう。 いくらなんでも今週で追加緩和策の賞味期限が終わるとは思えません。 私にとっての問題は銀行株の動きが全く読めないということ、なんせ史上初の金融政策なので過去にこういう場合どういう動きをしたかという実績が全くないのでね。 そらぁごく一般的に考えたら銀行の収益環境は悪化すると考えられることから株価は下がると判断するのがいわば常識なんでしょうけど・・・。 今日も銀行株だけは思いっきし下げてるんですけど、この週末にかけて私なりに今後の銀行の収益力について考えてみたらここまで売られるほどは悪くならない可能性が結構あると思えるんです。 このことについては明日以降の記事で書いて行きたいと思っています。

 ということで見通しが立たないままでのトレード方針ということになってしまいますが、とりあえず建てておかないと無為な1週間になって仕舞うといけないので建ててみました。 現在のポジションは0-9.7となっており買い玉は満腹状態ですので、下げてもこれ以上の買い建てはあり得ません。 戻すのか戻すにしてもどこまで戻すのか分かりませんが買い玉に関しては基本的にトントンで決済してしまいます。 下げ止まって戻り出したら売り玉を売り上がりで建てて行き、建てた玉にそこそこ利が乗るようならば決済し、また戻して来たら売り玉を建てて行きます。 この操作をある程度機械的にやって行くつもりです。 言うたらFXで言うところのトラリピ手法のような感じですね。 とりあえず今週に関してはこの方針で臨みます。

 それにしても今回のマイナス金利は全くの想定外でしてここまで窮地に立たされるとは思いもしてなかったです。 そやかて黒田はん、あんた今まで散々マイナス金利を否定してましたやん。 そらぁこの相場の世界は千三つと言われるくらいやさかい本当の噂っちゅうのはほとんどないというのはわかってまっけど、あんさんみたいな立場のお人が嘘言うてたらどうなりまんの? いや、ほんまだっせ、その辺のおっさんが言うてんのと訳が違うんやさかいな。 よっしゃわかった、これからは総理大臣の衆議院解散に加えて日銀総裁の金融政策に関しても嘘を言うてもええということにしたらええんやな。 う~ん、あんまり納得いかんけどそうしといたるわ。 では明日もがんばりましょう。

 
株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック