パァ! 出た!!

 一昨日書いた私の記事をどうやら黒東が読んでくれたみたいだ。 目標をやり切るつもりがあるのならここで出さないと絶対に間に合わない、いや既にもう間に合わないと黒東も分かっているから今回緩和策の発表と同時に目標達成時期の先送りを発表したのである。 あっ、一昨日の記事で時期の先送りは今度やったら2回目と書いたが3回目の誤りでしたね。 しかしマイナス金利までは正直私も想定外であった。 残されている政策の中で効き目のあるのは日銀当座預金の付利撤廃しかないと思っていたのでこれは可能性としてはあるかもしれないと思っていたが、マイナス金利まではないというか、段階的にまず付利撤廃をしてからのことになると考えていた。 だからこれはもう明らかに世間的にもサプライズであることは間違いない。 だって以前から黒東はこの付利撤廃に対しては否定的だったから・・・、それが一挙にマイナス金利にまで踏み込んできたのだからね。 だが個人的にはこのマイナス金利適用に際して全面的に賛同はし兼ねる。 付利撤廃はやるべきだと思っていたがマイナス金利となると副作用が大き過ぎるのではないかという懸念がぬぐえないのである。 ただ今回の発表によると当座預金を3層に分けたうえでの適用となるようだからそれほどでもないのかも知れないが、とにかく初めての試みなのでどうなるかは時間が経たない事には分からない。 金融機関としてはこのマイナス金利による減収分をどこかでカバーする必要が出てくるわけで、そのカバーのしわ寄せが預金者等(国民)に及ぶ恐れがあるのではないかと思うのである。 尚、この記事を書いている今現在ではまだ黒東の会見を聞いていないので詳しいことは分かっていないのを承知で好き勝手に言うてますので悪しからず。

 で、肝心の今日のトレードはというと、買い玉を1単位持つことになってしまいました。 というのも今日の決定会合の結果は何も出ない可能性の方が高いと思っていたので、失望売り的にある程度売られるだろうからそこを拾ってやれ、ということで615.3円で指値注文を前場の段階で出していたんです。 そして発表直後は上に行ったので諦めていたのですが、そこから下げてきてあっという間に約定してしまい、約定した後も下げるわ下げるわで572円までありました。 いやなんぼマイナス金利適用言うてもそれは下げ過ぎやろと思いましたが、自分の考えが間違っているのかも、という何とも自信のない自分がいて静観するしかなかったのが情けなかった。 まぁ時間の経過とともに相場の方も思い直してくれたみたいでダブル底形成後は戻して行ってくれました。 引値は買値に5円強届いていませんが取り敢えずは一安心といったところですかね。 今日で私のポジションは0-9.7となっています。 今日は銀行株にとっては散々な日でしたがそれ以外のセクターでは途中乱高下があったにせよ結果的にはウハウハな日だったのではないでしょうか。  今週も今日で終わりました、1週間お疲れ様でした。 Have a good weekend !


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック