ボール球にバットを出してみた

 今日は昨日の下げ分以上に上げるという何とも頼もしい戻りを演じてくれたわけですが、私は今日売り玉を建ててみました。 今週の方針でボール球でもバットを出しますよとは言っていたので全く方針から外れるトレードにはなりませんが、方針を建てた時はストライクゾーンからボール1個分外れたボール球狙いだったのを今日はボール2個分外れたボール球にバットを出してみたという感じでしょうか。 野球でボール2個分外れた球にバットを出すと普通は空振りかファウルになるか前にボールが飛んでもせいぜいボテボテの内野ゴロぐらいにしかならないんですが、今日建てた売り玉は果たしてどうなるんでしょうか? あっ、いくらで建てたかというと631.7円です。 思いっきり糞ボールに対してバット振りにいったわけです。 自分としてはシングルヒットぐらいなら打てるかもねという気がしているのですが・・・。 滅多にないことですがプロ野球でも敬遠するために投げたボール球をバッターがヒットにしたというのが過去にありましたね。 バットを振った理由はここ最近ずっとポジションが片張りになっているからです。 ブログの紹介文にもあるように私の手法は本来両建てであるべきなのですが、今月の12日以降2週間以上もずっと片張りの状態が続いておりまして、早いうちに両建てにする必要があったからです。 それとこれは気休めですが今晩のFOMCを控えているということで保険的な意味合いもあったからです。 まぁ、とにかくこれでポジションは1.0-8.7となりました。

 ところで明後日は日銀金融政策決定会合の政策発表日ですがこれに関して私はどうもしっくりこないんですよね。 個人的には別に追加緩和を待ち望んでいるわけではないし、明後日に追加緩和が発表されるとも思っていないのですが、黒東は総裁就任当初から物価目標の達成が危ぶまれると思われる時には躊躇なくあらゆる手段を講じる用意があるということを何かにつけて言うてるんやったらもう何らかの動きをせなアカンのとちゃいまっか?と私は思うんです。 「2%」を「2016年度後半ごろ」とする目標に対して現在の状態から達成できるというイメージが全く浮かばないんですけど・・・。 黒東はことあるごとに「物価は基調として改善している」としているが私からしたら「どこが?」と言いたいわけですよ。 目標数字のベースであるコアCPIは2015年11月前年同月比で0.1%ですよ、たったの、もうほとんど0に近いですよね。 こう言うとすぐに黒東は「いや、原油の値下がりが大きくて・・・」とのたまう。 じゃあそう言うんならエネルギーを除いたコアコアCPIで見てみるがそれでも0.9%でっせ。 今からあと1年で1%以上上げなアカンのやけど今のままでできまっか? また目標達成時期を先送りしますか? それとも2%を下方修正しますか? それとも「実はもう策がないんですわ」と言いますか? それとも「策はあるけど今は動きたくないんですわ」と言いますか? まぁ現実的には時期の先送りなんでしょうけど今度やったら2回目だっせ。 今以上に策がないのなら仕方がないが、策はあると言っているのだからそれだったらその策をなんで目標時期に間に合うように出さないの?と言いたいんです、私は。 黒東が考えている策がどのようなものかは知らないけど、そんな発動して半年やそこらで効いてくる即効性のある策なんてないやろ。 だったら今すぐにでも出さんことには間に合わへんやろ。 そうでなけりゃ今後は躊躇なく策を講じるなんか言わんといてんか。 「いやぁー、このままいったら目標達成はできねえよな、策はなんぼでもあるて言っちゃってるけど効くような策はもうほとんど残ってないんだよね、だから早い段階で出してしまうと任期の残りの期間を針の筵に座ってなきゃならなくなるからまだ出せないんだよね」ってぶつぶつ言ってる人を夢の中で見たことあるんだけどあれは誰だったのかな? では明日もがんばりましょう。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック