気持ちを落ち着けて

 さて、今日で私の想定していた下値目途に全体相場、MUFGともに到達したしました。 MUFGの新値本数も今日で19本となり、過去の最高本数に並びました。 これで通常の暴落局面時の状況と同じになったので普通はこの辺りから反転して行くと考えられるところです。 ですが今回の局面が普通の暴落であると決まったわけではありません。 ここから更に下げるという異常な暴落になる可能性がないとは言い切れない。 ここは一度気持ちを落ち着けて頭の中を整理して、ここから先どのように対処すればいいのかを考えてみたい。

 まずやるべきは資金の確認でしょうか。 資金管理さえキッチリしていればそうそう大変な事態になることはないと思う。 あとどれだけ相場が下がれば耐えられなくなるのか自分の資金量を確認しておけば不安はそれほどない。 いやもう一杯一杯というのなら確認しても不安はなくならないだろうが、それは通常時に資金管理を念頭に置いてなかったということであり基本的な問題である。 まぁ現物買いの人はあまり関係ないかも、最悪でもいくばくかの期間塩漬けで済む話ですから。 問題なのは追証が発生する信用で買ってる人だけですね。 まぁそれでもリバウンドなしで短期的にここから更に1割も下げるとは考えられないので1割下がっても大丈夫な資金があれば心配いらないと思いますが。

 次は今の下げがいつかは止まって反転する場面が来るが、その時どう動くかを今から考えておかないとその時が来ても対処できないということになりかねない。 個人的にはもう高値を更新することはないと考えているので、戻れば売り、それだけである。 MUFGで言えば今月末までに700円を回復しなければ24か月移動平均線を下回ることになり、過去にも何度か書いて来たがそうなれば長期上昇トレンドは終焉し下降トレンド入りしたと判断するので「買い」はない。 まぁ仮に末で700円を回復してもせいぜい保ち合い相場だろうから腰の引けた買いしかできない。 上記は私の考え方及び対処方針ですが自分の考え方と対処方針を確立させておかないと拙いと思います。

 ということで来るところまで来たという感じですが、相場のことなのでこれから先どうなるかはわかりません。 でも下げ続ける相場はないのと、今は〇〇ショックと言う様な異常事態でもないと思うのでそろそろリバはあると思うけどなぁ。 過去にも「今回はいままでとは違う」と言われながら、終わってみたら今までと違わなかったということがほとんどだったように思うが私の記憶違いか? 巷に溢れている情報を普通に読むだけなら、今の下落は原油価格が下げ止まらないとSWFの換金売りが止まらないから株価も下げ止まらない、という風になっていて言わんとすることは分かるんだけど、それだとまだまだ株価は下がるってことになってしまうように思えるのだが私の解釈はおかしいのかな?

 あっ、言い忘れてました、株価は私の下げ目途に到達しましたが今日は買いを入れていません。 最後の一発なので(下げを)じっくり味わいながら(買いを)入れて、入れてと催促されても焦らして焦らしてこの辺が限界やろというところでぶち込んで逝ってみたいと思います。 では明日もがんばりましょう。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック