今週のトレード方針

 現在の下げの目途については昨日書いたとおりで想定しています。 日経平均の下落率及びMUFGの新値本数からすると最大に下げた場合、まだあと日経平均では金曜引値から1200円ほどあり、MUFGでは新値本数であと4~5本なので株価的には600円前後までの下げを想定しておく必要がある。 これらの下値余地をして「底はすぐそこ」と言えるのかということですが、まぁこれは最大下落のケースであり其処までに反発する可能性も十分ある訳でして・・・と若干言い訳じみた感じになってますがそういうことです。

 明日の寄付は当然下げて始まりその後どういう動きをするかで対応は変わってきますが、大まかに言うと下げが続いて行くなら基本買い下がり方針です。 ただし最初に買いを入れる値幅は広く取る予定です。 今一番安値の買い玉が679.1円で、通常なら660円強ぐらいでは次の買いを入れるところですが、もっと大きい値幅で入れます。値幅を大きくとる場合買いを入れる前に反転してしまうと何十円か取り損ねますがそこは諦めないと仕方ないです。 明日の寄付で安く寄り付いた後上げた場合ですが、その時は売り玉を建てることを考えています。 これは下げに対する保険という意味合いもなくはないですが、確かな反発が確認できるまでははずさないというのではなく、ある程度下げてしまえば決済してしまう予定の玉です。

 今週は以上の方針で臨みます。 先週までは悲鳴のようなものはそんなに聞こえてこなかったようですが、今週はそこそこ聞こえてくるかもしれませんね。 世間ではセリクラ待望論的なものもありますが、底打ちする時にはいつもセリクラがあるとは限りませんけどね。 ただ今回の下降局面はある程度大きな値幅の下げになってくるでしょうからセリクラと言えるほどのもんかどうかはともかく、信用の買い残がある程度減少しない事には底打ちはしないと思っています。 そのことからすると先週末の買い残の数字公表がまだですので確かなことは言えませんけど、まだあまり減っていないように思えます。 う~ん、ということは底打ちは早くても来週になるのか? あ~もう何か分からんようになって来たのでこれで終わりにします。 とにかく今週もがんばりましょう。 気合いダっ!気合いダっ! 気合いダっ! 気合いダ~ぁ!!(気合いだけで勝てりゃ苦労しねえよ)



株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック