今週のトレード戦略

 今週以降の相場見通しにつきましては一昨日の記事で書いたので割愛し、その見通しに基づく戦略を考えてみたい。 その前に現在のポジションを確認しておくと1.0-4.7となっており、建値は売りが746.5円で買いは747.5円、739.7円、732.3円、717.2円である。

 基本戦略はいつも通り買い下がりの売り上がりである。 さすがに明日は下げて始まるだろうが、その後の動きは上下どちらも有り得る。 その後も下げた場合はどこで下げ止まるかはわからないが、確実に底に近付いていることに間違いはないので株数を多くしての買い下がりをして行くべきだろう。 一応650円前後に目途を置いているので資金に見合った株数と値幅を考慮した買い下がりをして行くことになる。 万が一650円を割り込んでしまうケースまで想定して資金の余力を残して置くということも考慮しておけば万全だろうが、仮に650円を割り込んだとしてもすぐにそこまでは戻ってくるので問題はない。
 
 次にどこかで底を打って上げた場合は当然売り上がり戦略を採ることになるが、底を打ったからと言って一本調子で上げ続けるはずもなく、どこかで折り返してまた下へ向かうことになるから、戻りの目途とする前後で利食いできる買い玉は決済しておく必要がある。 そしてさらに積極的に利益を追求するならその辺りで売り玉を建てることを考えておくべきである。 まぁ今週は4日間しかないからここまでの対処を考えておくだけで十分だろう。

 以上が今週のトレード戦略であるが、恐らく今週のどこかでは底を打つ可能性が高いと思っている。 ただその底は目先の底になる可能性もあるということには注意しておく必要がある。 前回のチャイナショックの例で言えば8月25日であり、真の底は9月29日であったように・・・。 まぁ仮に今回も同じような動きをするとしても、目先の底と真の底の値幅はそんなに大きくないと思うけどね。

 それでは今週1週間と言っても4日間ですが、かなりの緊張を強いられる週となりそうなのでいつも以上に頑張りましょう。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック