最近は相場が楽しくて

 この3連休の3日とも(と言ってもあと1日ありますが)どこへも出掛けず家の中に引きこもって相場のことを考えております。 別に義務感に縛られて考えているわけではなく、好きで考えているだけなので苦痛でもなんでもないです。 で、今日の記事も相場に関することにしようかとも思いましたが、たまには趣向を変えた方がいんじゃね?ということでどうでもいいようなことを書いて行きます。

 では旬の話題であるベッキーの不倫ネタで行ってみましょうかね。 この件で私が言いたいのはベッキーに対してではなく、かと言って相手の男に対してでもなく、この件でとやかく言う人に対して言いたいのです。 ここから先の発言は私の人間性が疑われるようなことになるかもしれませんが構わず行きます。 私の言うとやかく言う人とは「怪しからん」とか「なんてことしてるの」とか「最低」とか言う言葉などで不倫を真っ向から否定する人を指しています。 不倫をしたといっても別に法律を犯したわけではなく、ただ道徳的、道義的には良くないことをしたということになるだけのことである。 つまり日本の法律上は刑事的責任を問われることはなく、夫婦がお互いに他の異性とは性的交渉を持たないという貞操義務の不履行をしたということでしかない。 確かに義務を果たしていないのだから良いことではない。 ただこの貞操義務というのは人間の本能に逆らうものである。 男も女もつまり誰もが持っている本能とは正反対の行動を求めていることからこの義務をまっとうに果たすのは相当に難しいのである。 そこを何とか理性だけで必死に果たそうとしているのが現実である。 それが証拠に世の中にどれだけこの義務をまっとうできない人間が多いか周りを見渡してみれば簡単にわかることである。 大学教授でも裁判官でも医者でも弁護士でも人間である限りみんな同じだ。 まして芸能界なんて世間一般よりはるかに「ええ女」も「ええ男」も多いのである。 私から言わしたらそんな中にいてて何もない方が不思議である。 一般世間でも不倫なんて掃いて捨てるほど行なわれてるがな、不倫に対して極度に拒否反応を示す人は世の中建前ありきで生きている人か余程魅力のない人なんだと思っている。 でもそんな人も本質は同じはずなんだけどね、自覚がないんだろうな。 言っときますが私は決して不倫を肯定しているわけではないですよ、でもやっちゃったからと言ってその人を真っ向否定して袋叩きにするほどのことではないんじゃねぇ?と言いたいんです。 男も女も根はスケベに変わりはないんだから。 この世は男と女のドロドロとした関係の上に成り立っているということを忘れない方が良いと思う。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック