理解できない税金対策売り

 今日は仕事で遅くなり記事を書く時間があまり取れないのと、少し体調が思わしくない(風邪気味)ため、申し訳ありませんが予告記事とさせて下さい。

 今月に入ってから、来年の税制変更を見据えた対策売りが出ていると言われているのだが、私にはこれに対する投資家の行動で理解できない部分が多分にあって、それについて記事を書こうと思っているのだが、冒頭で述べた理由と、せっかく皆が気持ちよく売ってくれているのに、それに水を差すようなことを私が言うのも気が引けるから、後日改めて書きます。

 どんなことを私が言いたいかというと、10%の税率が来年から20%に上がるから今年中に売らないと損だ、ということでせっせ、せっせと売っているのでしょうが、私なら単純に売らない。仮に売ったとしてもその売りに対する補完的行動を直ちにとる、ということです。まぁ私みたいなアホでも考えることなので、その辺りはわかって行動されている方もおられると思うのですが、最近の相場の動きを見ているとそうでもないのかなと思えてくるのです。遅くとも今週中には書きたいと思っていますので、今日のところはこれで失礼いたします。


サラリーマン投資家 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック