MUFGの今後の売買戦略

 最初にタイトル名について一言、すみません、売買戦略と言えるほどのものではありません。こういう感じで行こうかなぁーぐらいのものです。それから、今後というのは、明日から年始にかけてを指します。

 まず今はスタンス的には、買い100の売り0ですが、以前言ったように資金管理ルール上は既に買いフルポジです。11月25日にフルポジをオーバーして買い乗せしましたが、12月5日に同数量を売りましたので元のフルポジに戻った状態になってます。ここで11月の時のようにオーバーポジしてでも買い乗せするか否かです。

 相場状況としては11月よりも悪くないと思います。ルールを守るのであれば当然買うべきではないが、今の状況を勘案すれば多少のリスクを取ってでも、積極的に利益を狙うべきところであるようにも思います。私はちょっとへんこなもんですから、世間が「ルール、ルール、ルールは守らなあかん」と言えば言うほどルールを破りたくなります。みんなと同じなのが嫌、というか画一的な考え方が嫌なんです。さて、どっしよっかなぁ~、まぁ買うか買わないかはもう少し考えてから決めようと思います。

 次に考えることは、予想通りに上昇していった場合にどこで利食い手仕舞いをするかですが、今の時点では以前に考えていた位置よりも少し上のところでしようと考えています。もちろん全玉でなく、一部手仕舞いですが。

 それから前から言ってる660円台から670円台にかけての売り圧力のことですが、660円台で半月以上かけて揉んでいたことで、以前に比べると圧力は減少していると思われます。なので今回の上昇局面では、以前ほどの強い抵抗はなくて670円台を抜けてくるような気がしています。終値で670円台をキープできれば抜けると思って間違いないでしょう。この価格帯さえ抜け出せば、あとはそんなに強い売り圧力は存在していませんから、利食いの売りさえこなしていけばそこそこ上がるような感じがしています。

 MUFGもそうですが、ほかにもトヨタ、野村、三菱地所など日本を代表する企業の株価はまだ上げていません。来年は期待できると思うところです。これらの企業の株価が上がらなくて、日本株の上昇なんてあり得ないでしょ。いつまでファーストリテとソフトバンクで引っ張るつもりなんですか?


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック