今月の売買を振り返る

 まずはいつもの売買譜から
1日   1-   739.0   3-4
5日   -1   748.7   2-4
9日   1-   775.0   2-3
13日  -1   764.1   2-4
14日  -1   739.8   1-4
19日  -1   752.0   1-5
23日  1-   788.5   
23日  1-   791.2   2-4
28日  1-   784.8   2-3
29日  -1   791.1
29日  -1   787.9   1-4
 以上が今月のトレードとなります。

 今月は恐らく過去最多の売買回数になったと思います。 その理由はザラバを見るようになってから思いつきで売買をしてしまったのが原因です。 一応順を追って最初から振り返りたいと思います。

 1日の売り建ては9月29日に692円台まで下げたのを見て、節目の700円を割り込んだので670円まで下げると読んでの建玉でした。 5日の買い戻しは2日の足を見て下降トレンド脱却の可能性が出てきたので売り玉を1単位だけ決済しました。 9日の売りは8日の足を見て下げると読んで買い玉を薄利でしたが決済しました。 13日の買い建ては9日に決済した値より10円ほど下げてきたので建てたものですが、この売買がザラバの思い付きでやってしまったミス売買と言えるものでした。 押し目を狙ったつもりでしたが早すぎますね、押しの1本目ですから誰がどう見てもミス売買です。 せめて翌日の寄付売買にしないと・・・、それでも早いですが。 14日の買戻しは先月に建てていた売り玉の予定通りの決済です。 ここまでが前半の売買となります。

 19日の買い建ては前日16日の足を見て押し目完了と判断してのものでしたがこれは正解でした。 23日の788.5円の手仕舞いは19日に建てた買い玉の決済で予定通りで問題ありません。 問題はこの日に建てた791.2円の売り玉でして、これもザラバ中に思い付きで建てたものです。 この玉を建てた理由は、この日窓を空けて寄り付いていたので近日中には窓埋めするからここで建てとけば損にはならないという思いで建てたものでした。 結果的には確かに窓埋めはしたのですが、思いつきで中途半端に建てた玉だったので窓埋めする値まで持ちこたえることができず、後日トントンで決済してしまうことになります。 28日の売りは13日に思い付きで建てた買い玉を決済したものですが、買い建てを思いつきでなくもっと下で建てていたらこの日に慌てて売ることもなかったと思っています。 一応利益にはなっていますがミス売買の玉では大きな利益にはなりません。 29日の売買は両方ともザラバの思い付き売買です。 787.9円の買戻しが先に書いた23日に思いつきで建てた売り玉の決済でして、マイナスでないというだけでとても利益と呼べるほどのものではありませんでした。 私が決済した後に株価は窓埋めに向かいました。 一方の791.1円の買い建ては「今日から上げていくから今のうち」という思い込みでしたが、ザラバ中にまともな冷静な判断ができるはずもなく、まだ含み損こそさほどありませんが正真正銘の失敗玉となっております。

 以上が今月の売買なんですが、11トレード中4トレードがザラバの思い付き売買でして、割合にすればなんと3分の1強というとんでもない比率でした。 ようそんなんでやってるわと言われても致し方のないところです。 そんな滅茶苦茶な売買をした月でしたが、トレード数が多かったこともあって月の利益は今までで一番多かったです。 と言っても世間から見れば1桁も2桁も少ないですが。 そんなことはさておいてとにかくこれからはザラバ注文は一切禁止というルールを設定します。 このルールは世間一般的には結構ポピュラーなルールだと思うんですけど、私の場合今まではサラリーマンでしたから別にこんなルールを設定しなくてもザラバ注文なんてできなかったので問題なかったんですけどね。 ということで今月は私にとって非常に深く反省しなければならない月となりました。 それからトレード数に関してですが、今月はザラバの思い付き売買が多かったということもあって今までに比べると多かったのは確かです。 来月からは先のルール設定によりザラバの思い付き売買はなくなると思いますが、それでもトレード数は今月と同じくらいになる予定です。 思うところあってちょっと今までとトレード戦略の変更を考えています。 それでは来月から今まで以上に気を引き締めてトレードに臨んでまいりましょう。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック