特にない

 ここ最近は株価の動きを上や下やと言うてきましたが、ほんまはそんな予想はどうでもよくて、玉操作と言うかポジションバランスと言うか、要はそれだけを考えて売買すれば良いのだということを改めて思った。 常に上げた時と下げた時の両方をにらんだ売買をしておけば良いのだということを。 細かい予想はする必要はないが、大まかな予想みたいなものは多少は必要であると思う。 まぁこれは固定銘柄を分割売買するものにしか実感できない事だと思うので、それ以外の人にとっては???だろうと思う。 この記事を書いている現在、米雇用統計が発表され株価が大きく動いているが、こんなことも別に気にすることもない。 発表前までにどちらに動いてもよいようなポジション取りをしておけばよいのである。 こう言うとそんなことをして利益を上げることができるのか?という疑問を持たれるのも無理はないと思う。 私も以前はそう思っていたから。 今のような考えになったのはごく最近である。 MUFGを固定銘柄にして分割売買をし出して7年程になるが、ごく最近まで当りもしない予想をして、その予想に沿った売買をしていた。 だから利益も上がらずもがき苦しんでいたが、今の考え方に変わってからは利益も上がるようになって来た。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック