海外市場

 今日もチャートを見て時間を費消していたのだが、海外市場のチャートを見て思ったのは、ほとんどの市場で長期の上昇トレンドが否定されたかもしくはその寸前にあるということである。 長期上昇トレンドを未だ保っているのは日本と米国ぐらいであるが、この先どうなの?と思ってしまう。 個人的にはこの先どうなろうが相場に合わせるしか仕方がないので、どうでもいいちゃどうでもいいことなんだが、多くの投資家はこの調整が終われば日本株はまた上昇すると思っている。 私はこの先日本株が高値を更新して上昇するかどうかは50%の確率でしか見ていない。 つまり50%は高値を更新できずに保ち合いからいずれ下降トレンドに入って行くと見ているのだが、世間一般の感覚は恐らく80%位の確率でいずれ高値を更新して上昇すると見ているように思う。 「アベノミクス」と「オリンピック」を合言葉にして。 まぁとにかくどっちでもいいからいつも言ってるように大きく動いてくれたらそれでいいのだ。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック