祝!2016サミット開催

 いやいや何が嬉しいて2016年のサミットが伊勢志摩で開催されることに決まったことが私にとっては何よりウレシイ。 日本の観光地の中で私が最も好きなのが伊勢志摩で、年に最低1回は行きたいと思っているところである。 伊勢志摩のどこがそんなにいいのか? と言われたら、とりあえず魚貝類が新鮮でおいしいからと答えるだろうが、それだけなら他の観光地でもある。 じゃあ他に理由があるということになるのだが、それが何なのかと言われると、私にも分からない。 今は年2回必ず訪れる伊勢神宮がある地域だからという理由もあると言えばあるのかも知れないが、伊勢神宮なんか行ったこともなかった昔から好きだったのだから真の理由ではないと思う。 じゃあ何なの? う~ん、これも少し違うような気がするが、風景、地形という要素も少しあるのかも。 伊勢、鳥羽辺りは別にどうと言うこともないが、志摩、奥志摩の辺りの地形、風景は好き、特に賢島付近は。 あと考えられるのは近鉄特急に乗らないと行けない処というのがあるように思う。 つまり阪急、阪神、京阪の特急のように乗車券だけで乗れる安物の特急ではなく、特急料金を払わないと乗れない「ほんまもん」の特急に乗って行くというのが何というかちょっとした優越感みたいなものを味わえるからではないかと思うのである。 恐らく今まで述べたすべての要素が混ざり合って「伊勢志摩が好き!」ということなんだと思う。

 そんなわけで大の伊勢志摩ファンの私なのだが、最近の観光客の落ち込みようは切ない。 昨年は伊勢神宮の式年遷宮効果で多少増えたと思われるが、その後は落ち込んでいる。 特に鳥羽の落ち込みようと言ったら・・・。 30年前は今からすれば結構賑わっていたのに・・・、ブラジル丸も今はなく寂しい限りである。 鳥羽駅のすぐ近くにあるサザエや大アサリなどの貝類を焼いて食させてくれるお店のおばちゃんが言ってた、「今の土日の賑わいが昔の平日の賑わいと一緒や」て。 そんな状況にある伊勢志摩で来年のサミットが開催されるとなったら知名度も上がり、引いては観光客の増加につながることも期待できる。 有名になって観光客が増えすぎるのも困りものだが、現状を見ていると困るぐらいに増えて欲しいと私は思うのである。 


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック