準備中

 ここ最近の値上がりセクターは金融(銀行、保険、証券)と不動産という正にバブル醸成セクターであることから、現在はまだバブルとは程遠い状況にあるが、将来はバブルことがほぼ確約されたと言えるのではないかと思う。 金融セクターは全体相場に先行するという習性からして、全体相場の天井はまだ相当先のことだとしても、金融セクターの天井は今年の秋以降から遅くとも来年の春までには形成されると思っている。 全体相場の天井は金融セクターの天井より1年程度遅れると見ておいたら良いだろう。 バブルが醸成されるならPERは当然20倍超になるわけだから、少なくとも20倍そこらまでは安心して買えることになるのだが、PERが18倍くらいになったら間違いなく「今の相場はおかしい」という論調があちこちで出てくるはずだ。 バブルにならないのであればせいぜい17倍程度でピークを打つと思われ、それが18倍を超えてきたらもう20倍を超えるのは既定路線になると思われる。 言うまでもないがバブルに発展するとしても一本調子で上昇することはなく、間に調整は当然入るからそこで振り落とされないようにしないとバブルの旨味は享受できないことになる。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック