選挙

 先程選挙に行ってきた。 国政選挙のようにテンションは上がらないから止めとこうとも思ったが、天気も悪くなかったし、朝から一歩も外に出てなかったし、暇やったし、義務感から一応腰を上げた。 雨降ってたらまず行かなかったと思う。 地方選の場合どうしてもテンションがイマイチになるなぁ。 余程の理由がないと絶対行こうとは思わないわ、前職のやり方に多大な不満があるとかでないと。 そうでなければ行っても前職に投票する傾向が強くなる。 悪くなければ敢えて未知数の違う人を選ぶという冒険はしたくないからね。 ということで知事選は前職に投票したが、県議の投票は迷った。 言葉は悪いがテキトーに投票した。 投票した後で失敗だったかなと思ったが済んでしまったことだしどうでもいいやという気になった。 ことほど左様にテンションサゲサゲの今日の選挙投票でした。 しかしこれが私の出身地の県議選になると様相が一変する。 もちろん私は現在関西在住だから出身地の選挙に行くことはないが、もし地元に住んでいたら同級生から二人、三人と立候補してだれに投票するかで頭を悩ませたはずである。 そうなるともう選挙に対するテンションはアゲアゲとなり、国政選挙以上になる。 実際前々回の選挙では同級生二人が争いわずか100票ほどの差で片や当選、片や落選という結果だった。 そして次の前回の選挙では前回当選した前職の同級生と新たな同級生の二人が争い、今度は前職の同級生が落選し新人の同級生が当選するというスリリングな結果であった。 やっぱ地方選は自分と何らかの関わりがある人が出ないとテンションなんて上がらんね。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック