流れに乗るときスパフラロリサン

 朝の記事で書いた通り本日新たに買い玉を789.1円で持ちましたので、ポジションは3-2となっておりマッスン。 日経もここまで来たら一旦は20,000円をつけないことには世間が納得しないでしょう。 意味わからんから止めて言うたけどもう2万円を待ってマッス~ン! GPIFの父さんと簡保から来たお母さんの間に生まれたお前の名前はラッスンゴリアゲ。 日本の年金、日本の保険の間に生まれし俺はジャパニーズインベストメント。

 さて2万円は当然のこととしてどこまで行くねん?このトレンド、とだれもが思っているが誰にも分からん。 一つの見方として、2万円という「目標」を達成したらとりあえずそれでエエやろ、となってそこから反落というのが大方のようだが・・・。 穿った見方をすれば大方がそう思っているならそうはならないというのが相場の世界の常であるのと、株価2万円回復というインパクトのある数字を武器にここらでもうちょっと「カモ」をおびき寄せてからというか、「ブタ」をもう少し太らせてから料理してやろうと考えるのではないか。 そうであれば2万円からある程度上がってからということになるが・・・。

 まぁ考え方はいろいろできるが実際にどうなるかは誰にも分からん。 誰にもという言い方は本当は正しくないと思うがそんな細かいことはどうでもよろしい。 当然私も分からんから売り玉と買い玉の両方を持ったわけだ。 この後相場がどちらに行っても収益チャンスを得ることができる。 厭くまでもチャンスであるから現実に利益を確保できるかどうかは判断と実行力によるところとなるが。 明日は相場が大きく動く可能性がある日だが、可能性があるだけだから動くとは決まっていないし、動くにしてもどちらに動くか分からないから考えるだけ無駄である。 屁をこいて早く寝た方が良い。


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック