高値の買い玉

 MUFGは予想通り下げに転じてきましたが、指値注文を出して僅か0.2円届かなかったために792.1円の買い玉が残っています。 一般的な手法であれば25日線を割り込んだところで損切りするのが普通なんでしょうが、先日書いた通り私は損切りは致しません。 何故しないのか?について簡単に触れておくと、まずこの6ヶ月以内に買値まで戻ってこないと誰が言い切れますか?ということです。 今は下げトレンドに入ったという認識でいますが、いつ上昇トレンドにまた転換するとも限らないわけです。 ひょっとしたら来週かも知れません。 次に資金を分割している内の1単位だけだということです。 普通に考えれば確かにこの玉の資金はしばらく寝かせてしまうことになるでしょう。 しかし現在まだ売りにしろ買いにしろ追加で建て玉できる資金が残っているので機会損失にはなりません。 でもこの先建玉を増やして行ったらいずれ資金いっぱいになってしまうんじゃないの?と思われますか? 基本そうはなりません。 何故かって? だってそうならないように両建てしているわけですから。 含み損が増える玉と反対方向の玉は利が増えるわけですから、その玉は利食い決済してしまえばその分資金枠が空きますのでまた建玉できますね。 下がり続ける相場はないのでいつかは買い玉に利が乗る時が来ます。 別に6ヶ月以内に792.1円まで戻らなくてもいいんです、その時(期限)に損切りすれば。 それまでに他の玉で利益を積み上げておけば1単位損切りしたぐらいどうってことないです。 簡単に触れるつもりが結構長々となってしまいましたが損切りしない理由はこんなところです。 どのブログを見ても損切りが大事、重要と書いてるなかで一つぐらいこんな変わったブログもあっていいと思うので・・・。 まぁなんせ書いている人間が人と同じなのが嫌いな「へんこ」やからね、しゃあないわな、すんません・・・。


株式 ブログランキングへ



コメント

非公開コメント

トラックバック