アベノミクスって?

 今日の値動きについては特段どうということはないものでしたので相場については書くことがありません。 そこで今回の解散はアベノミクス解散ということになっており、アベノミクスというものを今一度見直してみて欲しいと安倍くんが言っていたのであれこれ考えてみた。 考えてみたのだが考えれば考えるほど頭の中が混乱してきて分からなくなってしまった。 なのでアベノミクスの全体像としての評価はまとまっていないのだが、断片的にはいろいろと疑問点が浮かんできたので偏狭的な見方、考え方になるかもしれないが書いてみる。

 アベノミクスのトッププライオリティーはデフレからの脱却であり、そのために日銀の金融緩和策によって年率2%の物価上昇を実現させる目標を掲げている。 確かに毎年2%づつ物価が上がればデフレから脱却できたことになって目的は達せられたことになる。 しかし賃金も毎年2%づつ上がらなければ国民の暮らし向きは年々悪化して行く。 アベノミクスは国民のことを考えた政策であるはずであるがどうなんだろうか。 いや、大企業と富裕層のことを考えたのがアベノミクスですと言われればそれまでだが・・・。

 賃金が上がるには企業の利益が上がることが絶対条件であるのだが、全ての企業が毎年増益になんかなるはずもなく、増益の企業でも毎年2%も賃上げするとは到底考えられないのだが。 ということは全体レベルで見れば賃金の上昇なんて物価の上昇率に比べたら微々たるものにしかならないだろう。 物価上昇に何とか追いついて賃金が上がるのはごく一部の限られた優良企業のみということになり今以上の格差が生まれることになってしまうのである。

 つまり物価さえ上げれば企業の利益が増えて賃金が上がるという思考回路で出来たのがアベノミクスということになるが、これでいいのかと私は問いたいのである。 物価を無理矢理上げなくても企業の利益が上がって賃金が上がるような政策を考えて行かなければ国民の為の政策とは言えないのではないかと考えるのである。 


株式 ブログランキングへ

コメント

非公開コメント

トラックバック