個別株投資開始

 昨日あれからしばらく考えた末に、個別株投資を開始することにした。3年前に日経先物のデイトレをやり出す前は個別株をやっていた時期もあったが、その時は投資ではなくチャート判断でのトレード(投機)をやっていた。つまりチャートを見て上がると思えば買い、下げると思えば売りというやり方で、ファンダメンタルズなんか基本考えない売買であった。今からすればチャート分析と言えるようなものではなく、自分の感覚だけでやっていたようなものだった。それを今回からはチャートは見るには見るが分析などせずに、ファンダメンタルズによる投資をすることにした。したがって当然売りは無しで買いのみの売買となる。ファンダメンタルズに依る売買と言ってもそんな精緻な分析なんかしないし四季報さえも使わない。誰もが知ってる大きなファンダメンタルズを基にした売買だから労力も要らない。投資期間は中期での売買を考えている。CFDトレードのような短期ではないが、インデックスのような長期でもない、ファンダメンタルズが変わらなければ基本保有することとするも、波動を考慮して一旦売った方がいいと思われる時は売却するという投資スタイルをイメージしている。なお、この個別株投資はNISA口座は使わずに一般口座を使うことにし、NISA口座はインデックス(オルカン)投資のみの使用を考えている。個別株投資にはそんなに投資資金を充てるつもりはなく、利益が出ても大した金額にはならないだろうから一般口座で構わない。気が向けば申告するというスタンスで十分だと思っている。まずないと思うが税務署がなんか言うて来たら「忘れてました」で対応すればいい、国会議員もそうしてるんだから。100万そこらの利益ではまず税務署は動かない、心配無用だ。
 さてそんなわけで今日の朝の寄付である銘柄を買っています。昨日書いていた銘柄はやっぱりロットが大きいので止めて、代わりに同じセクターの同じ規模の銘柄にしました。この銘柄なら5分の1ほどの資金で済みますから。この銘柄も今日の引け後に決算が控えていますが、この銘柄なら下げても買い増しができるので問題ないです。問題は下がることよりも下げずにこのまま上げた時の方で、しょぼい利益にしかなりそうにないことです。昨日改めて東証33業種すべて見直したのですが、投資できそうなのは3~4のセクターに限られそうで、私的には2つのセクターに絞られます。そしてどちらのセクターも2~3の銘柄に絞られました。当面の個別株投資については今日買った銘柄の買い増しか、もう一つのセクターの銘柄が押したときに買うかのどちらか、あるいは両方になります。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック