リバランス

 アセットアロケーションを考えて投資をする場合に避けて通れないのがリバランスである。仮に自分のポートフォリオは現金(預貯金)と株式の比率が5:5つまり半々だったとする。相場が上昇することで株式の評価額が上がって比率が3:7になったとしたら5:5の比率に戻すべく株式の一部を売却して現金に換える必要が出て来ることになる。逆に相場が下げて株式の評価額が減少し7:3になったら現金の一部で株式を買って5:5の比率に戻すことになる。なんでそんな面倒なことをしなければならないのか?いや、別に面倒だと思うならしなけりゃいい、するもしないもあんたの自由だ。ただリバランスをした方が結果的には資産は増えることになるので多少面倒でもした方が得だろう。なぜリバランスをした方が資産が増えるのかは自分でシミュレーションしてみればハッキリ分かる。リバランスと言うと何か難しいことをやってるようだが何のことはない、株が高くなったら売って安くなったら買っているだけのことである。株式の相場が仮に10年後も今と一緒の水準だったとしてもリバランスを行えば資産は増えるのである。なぜなら10年の間に高くなったり安くなったりするからである。下手に相場を予想して高くなったら売ろうとか、安くなるのを待ってから買おうとか考える必要などない。ただただ忠実に自分のポートフォリオの比率を維持するようにすればいいだけである。リバランスが最も効果的なのは相場がレンジ傾向になった場合であり、逆に強いトレンドが発生した場合は効果を感じられないことになる。だが長い目で見れば相場は必ず上げ下げを繰り返すのだからリバランスはやらないよりかはやった方がいいと考える次第である。最たる思考停止投資手法であるインデックス投資だが、このインデックス投資においてもリバランスは一考の価値はあると考えるがどうだろう。正直長期インデックス投資においてリバランスを取り入れたらどうなるかまで検証していないので断定的なことは言えないのだが、相場がどういう波動になるかでやった方がいいかやらない方がいいかが変わってくるように思う。私の悪い頭の中だけで考えて結論を出そうとしたが、考えてる途中で頭から煙が出そうになったので止めてしまった。あとは皆さんの判断にお任せします。
 さて今週のトレードをどうしようかと考えたんだが、今の時点でエントリーに関してはこういう方向でと言えるものは何もない。当面は保有しているドイツ40のポジションの決済どころを探ることになる。トレールの置き所に頭を悩ます週になりそうである。今週はトレードよりも週末の同期会の方を楽しみにしている。一番の興味は今現在で働いている人間がどの程度いるのかということである。働かずにヘラヘラして遊んでるのは私だけだったりして・・・。まぁ私一人だけということはないと思うが少ないような気はしているがどうなんだろう。しかし働いてないと言ったら毎日どうやって過ごしてるんだと聞かれるのがめんどくさい。自分がそんなだから人が働いていないと聞いても、どうやって過ごしてるの?とか絶対に聞かないが、普通の会話の流れだと聞くのが普通だわな。聞かなかったら何で聞いてくれないんだと思う承認欲求の強い人間もいるだろうね。あ~しかし今度なんて答えようかな、朝から夜中まで1日中ユーチューブ見てるて答えたらどう思われるんだろう?別にどう思われたっていいんだけどなんかダサいような気がする。もっとスマートな答え方はないもんかね。いやぁー、朝から晩までデイトレでバンバン稼ぎまくってるよって言ったらどうなるだろう?面白い気もするが嘘はいかんね、やめとこう。しかし前も書いたけどなんで夜じゃなくて昼なんだよ、まして北新地で開催する意味あんのかよ? ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック