雑感

 昨日は記事を書いたんだけどパソコンの調子が悪くて、記事を保存するときに消えてしまって投稿できませんでした。昨日はお昼ごろからネットがしょっちゅう切れるようになったので再起動してみたり、モデムの電源を一旦落としてみたりしたのですが直らなかった。ルーターが古いので寿命がついに来たか、買い換えないとあかんかなと思っていたんだけど、今日になったら直っていて今に至るという訳である。昨日は書くことがなくてめちゃめちゃ短い記事だったので記事が消えてもショックは感じなかったよ。
 しかし今日も特に書くことはない、川勝知事の辞職が早まってよかったと思ってるぐらいだな。川勝に続いて表の世界から消えて欲しい人間(政治家ではない)がもう一人いるんだが、それはまたいつかの機会にでも書くことにしよう。
 昨日パソコンのことをいろいろと調べていて知ったことなんだけど、ウイルス対策として昔からウイルスバスター月額版を使用してるんだけどもうこれ解約しちゃってもいいかなと思っている。聞いたところによると昔のパソコンには必要だったけどウインドウズ10以降はウイルス対策は必要ないらしい。なぜかと言うとOS自体がウイルスに対処可能になっているから、別売りのウイルスバスターとかノートンとかのセキュリティソフトは不要ということである。へぇー知らなんだ、じゃあ解約しようかな、固定費削減できるし。
 固定費削減ということで言えば、先日の記事で現在掛けている県民共済の医療保険月額2000円は70歳になるまでは掛け続けてもいいだろうと書いたんだが、もういっそのこと今解約しちゃっていいんじゃないかと思えてきた。70歳まであと1年半以上あるんだがその1年半がもったいない、無駄なように思えてきたのよ、健康保険があるんだから要らんだろってね。なので8月の返戻金が入金になったら解約しようと思っている。これでまた固定費削減だ。
 さて相場ですが、チャート的には特段これといったこともない状況かと思います。相変わらず金属系の商品は強い動きが続いていますが・・・。金と銀に関して言えばこの先押しがあった場合に買いエントリーするかどうか考えることになるのですが、その際に金利調整額というものが引っ掛かるんです。現在だと金も銀も買いの場合は所定の額を毎日証券会社に支払う形になっていまして、株の信用取引の買い方が払う金利みたいなもんです。個別株をやっていた時はどの株を買っても同じ率の金利が必ずかかっていたのであまり気になりませんでしたが、CFDの場合は金と銀にだけ金利調整額が発生するんです。同じ金属でも銅には発生しませんし、原油や他の商品や株価指数なんかも発生しません。これらには価格調整額というものが発生しますが、買い方であっても売り方であっても実質の損得はありませんから無視できるのですが、金利調整額はマイナスの場合は確実に損になりますので気になるんですよね。売り方だったら支払わなくていいのですが、今の金と銀の相場で売り方に回るような馬鹿な真似は出来ない。じゃあ今度下げ相場になった時に売り方に回ればいんじゃね?となるが、その時は今度は売り方の方にマイナスの金利調整額が発生することになるだろうと思っている。まぁCFDの金利調整額は株の信用取引の金利、つまり必要経費と思って割り切るしかないんだろうね。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック