サプリ不要論

 数か月前に今飲んでいる2種類のサプリを止めようと思っているということを書いたが、その後ズルズルと今まで引っ張って今日まで来た。が、今回止める決断がついたので今からハガキで解約を申し込むことにした。べつに小林製薬の件があって決断したわけではないです、単に無駄だと思うから止めるだけです。私が飲んでいるのは2種類で月に3500円ほどなのでそれほど高いものではありませんが、何十年と飲んでさほど効果があるとは実感していないものに金を出すのはバカらしいです。3500円あればバラファイが3本飲めます、といってもそんなには飲みませんが。世の中には私よりずっと多額のサプリを飲んでいる人が結構いてると思いますが、そういう人の多くは飲んでいないと不安、止めたら悪化するんじゃないかと思って飲み続けている人がほとんどで、ハッキリとした効果を実感している人はあまりいないんじゃないかと想像します。まぁサプリもピンキリですから中には効果のあるものもあるとは思いますが、一般的にはサプリに効果はさほどないというのが通説のように思います。こう言っちゃあ何ですが、気休め、おまじない程度に考えておいた方がいいように思います。仮に効果があるとしても常飲し続けるのはどうなんでしょう?調子の悪くなった時だけ飲むとかにしたほうがいいような・・・、でないと死ぬまで飲み続けないといけないことになりませんか、まぁそれでもいいと言うならご勝手にと言うしかありませんが。特に栄養補助的なサプリなら飲まずに極力食事で摂るようにしたほうがよろしいかと。いや、食事だけで1日の必要量を摂取するのは難しいから飲んでるんですよということかも知れませんが、その1日あたりの必要量ってどういう根拠があって誰が決めたんですかって話になります。医学、栄養学の常識と言われているものもいい加減に決められたものが結構あるんじゃないでしょうか?それが証拠に昔と現在とでは主張していることがかなり相違しているということは見受けられますもんね。酷いのになると真逆の主張になっていたりします。そらぁ売る方は商売ですから何なりと理屈をつけて言って来ますが信じ込んじゃダメですよ、ある程度の期間飲んでみて効果を感じないようならとっとと止めた方がいいです。止めてみてやっぱり調子が悪いと感じるようなら再度飲めばいいんですよ。再度飲み始めるのもいいですが、それよりも別の方法を考えて試してみるようにしたほうが可能性は広がると思います。従来のものがベストであることより、従来のもの以外の方がベターであることの方が確率的には高いような気がします。バランスの良い食事をして運動していれば通常はサプリなんて不要のはず、それでも病気になれば病院で薬を処方してもらって治せばいいんです。薬で治らないものがサプリで治るとは思えないです。以上のことからサプリは精神安定剤に過ぎないというのが私の持論です。あ~これで健康食品業界を敵に回してしまったな、別にええけど。
 相場の方は特にないですね。昨日は株の方もさすがに一服といった感じでしたがドイツDAXのここ最近の強さは何でなん?米国以上の強さやで。しかし今週も早かったなぁー、途中に祝日を挟んだから余計にそう感じるんか知らんけどとにかく早い。来週は「あっ」と声を発した時には3月が終わってるんやろな。そして「あっ」、「あっ」、「あっ」、「あっ」、と4回(週)発したら4月が終わってまうんやろな。で、あと100回も「あっ」を発せんうちに70になってしまうんやで。70になってもアホなこと言うてんのかな?言うてるやろな、昔からアホは死なな治らん言うしな。え~っ、ちゅうことはワシは死ぬまでアホなこと言うちゅうことになるな、そしたらそのうち認知症になっても気付かれへんかもしれんな、あ~またアホがなんか言うとるくらいにしか思われへんやろうから。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック