無題

 今日もひるおびで新NISAでの(つみたて)投資を題材にした話を1時間ほどみっちりとやっとったなあ。そんな世間の風潮に水を差すようで悪いが、私はこれから先10年、20年かけて投資しても今までのようなパフォーマンスはもう望めないんじゃないかと考えている。私がそう考える最大の理由は金利である。今まで約40年近く金利はずっと下げ続けてきたし、0金利になってこれ以上金利が下がらなくなってからは量的緩和(QE)を行い、とにかく金融を緩和し続けてきた。そんな背景があったからこそ株価は上昇を続けることが出来たのだと考えている。これからはどうか?インフレ懸念がくすぶる中にあって今までのように金利を低位に縛り付けておくことは難しいのではないかと思うのである。そうなると今までのように株価の上昇は望めないと考えるのが自然なように思う。断っておくが株はもう上がらないと言っているのではない、少なくとも経済が成長している限りは株価も長期的には騰がるだろう、ただ今まで程の上昇は見込めないのではないかと言っているだけである。株価がそれほど上がらなければ投資のパフォーマンスもさえなくなるのは当然である。今日もひるおびで年間リターン〇%として毎月〇万円〇年間積み立てたら〇年後には〇万円になります、わぁーすごい!そんなになるんだったらやらない手は無いね、という流れで番組は進行していたのだが、その年間リターン〇%という数字は今までのものであり、これからも約束されているものではない。まぁそれでも長期で積み立てるんだったら元本割れすることは考えにくいから、損をしなけりゃそれでいいと思えるならやることは全然かまわないと思うが、今までのパフォーマンスを当てにしなさんなということである。投資なんだからそんなの言われなくったって分かってるよ、と始める時は言っていても、実際株価が下がって来てパフォ-マンスが悪くなると文句や愚痴を言いたくなるものである。まぁ銀行預金よりかはちょっとだけマシだろうと最初から思っておけば間違いはないだろう。「何の努力もせずに楽してお金を儲けたいと思っている人がつみたてNISAに走る」これは私が言ったのではない、ネット上であるファンドマネージャーが言った言葉であるが、まぁ分かるような気がするね。「長期のインデックス投資は必ずもうかる」が幻想にならないことを祈る。
 さて相場・トレードですが、昨日買った銅はその後急伸して1.5ドルのスプレッドはカバーした状態となっている。買い増しの指値をしていた分は約定せずじまいでした。コーンは順調に戻っているから来週売りチャンスが巡って来るかどうかだ。原油の方も想定通り上げてはいるがやはりここで買う気にはならんなぁ、一旦押してくれないと。またしばらくはエントリーチャンスは巡って来なさそうである。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

 

コメント

非公開コメント

トラックバック