洗濯機

 今日は嫁はんと一緒にまずケーズデンキに行って洗濯機を買って、その後西松屋へ寄って子供用の便座を買って帰りました。朝食の時に嫁はんが、洗濯機の洗濯槽の周りからなんか茶色いのが出て来てるんやけど・・・、て言うから確認するまでもなく「買いに行こか」と言って買いに行って来た。なんで確認しなかったかというと、前々からもうそろそろ壊れても全然おかしくないと思っていた、つうか今まで壊れなかったのが不思議なくらい長年使っていたからである。今でも動くから壊れたというほどではないが異常な状況が出現したらもう買い換えるべきだと思っていた。私は十数年は使っていると思っていたが、嫁はんに言わせると二十年ほど使ってるらしい。このことをケーズデンキの店員に言うとびっくりしてたわ。普通洗濯機の寿命は7年らしい、それを20年も使ってるってどうかしてるぜとまでは言わなかったがそう思ったことだろう。でも動くんだもん、そら使いますわな。まだ動くのに10年そこらで買い換える奴おらんやろ。店員さんがいろんなメーカーの洗濯機の良いとこ悪いとこを説明してくれたが、店員さん曰く、ざっくり言うとパナソニック、日立、東芝、この3社の中から選んどけばまあはずれはないらしい。で結局私が買ったのはパナソニック製の洗濯機だった。今日のチラシにも載っていたお買い得の商品だったがさらに値引きしてくれたよ、こちらからは値引きを求めなかったんだけど。以前も言ったけど私は自分から値切るのが大嫌いなもんでね。西松屋で勝った子供用の便座は私が使うのではない(当たり前か)、今月下旬に娘と孫が1週間ほど帰ってくるので孫用に買ったものである。西松屋も少子化で大変だろうと思う。今日行った店舗もガラガラで私ら夫婦以外に客はいなかったと思う、土曜日だというのに。店舗も外観が古びていて昭和の時代の店舗だというのがすぐわかる。そんな西松屋の株価はどうなってるんだろうと思い見てみたが、これが意外と堅調でコロナが始まった2020年の3月からは上げ基調である。私はてっきり右肩下がりだとばかり思っていたが。
 さて相場だが昨夜の米国市場も堅調で私のナス100も急伸している。これでとりあえず負けは無くなったかなと思っているが、どこまで伸ばせるかである。上昇チャネル的にはもう少し上値の余地があるであろうという見方になるのだが、チャネルラインなんてそんなに信頼できるものではないから期待してはいけない。つまりこのラインまで上がると期待するのは駄目だが、仮にそのラインまで上がってきたら利確の目途にするのはいいかもしれない。ただチャネル上限に到達したからハイ利確というのも芸がないように思う。しかし今の波動的にはチャネル上限で丁度転換点を迎えそうな感じになってきているのでそれもありだと思う。
 日経の方は先物とCFDで明確に4万円を超えてきていることから、月曜日は現物でも4万円を超えるのはほぼ確定であろう。となると言っていたように売り方筋の踏み上げが起こってさらなる上昇へと繋がっていくことが考えられる。そうなったら多分そこが一旦の天井になるだろうと思う。それがいつ、いくらでそうなるかなんて誰にも分かりっこないんだから考えるだけ無駄である。仮に当たったとしてもそれはたまたま、すなわち偶然という産物であるから当たったことに意味はない。そもそも天井を当てようとする行為が間違っている。まず天井を確認してから下げトレンドになるのを待って戻りを売ればいいのである。これだと失敗は少ないのだが、頭から尻尾まで取ろうとするから必然的に天井を当てようという行為に走るのである。と偉そうに講釈を垂れる私も自分が今までさんざんやってきたのでよく分かるから書いている。損切りさえちゃんとやればいいんじゃないのと言うかも知れないが、逆張りしたら損切りポイントをどこにしたらいいか分からんだろ、根拠となるポイントがないんだから。そうなったらもう値幅で設定するしかないと思うが、そんな根拠のないポイントで本当に損切れるのか?仮に初回は損切れたとしても2回、3回となってきたらまずできないと思う。根拠のあるポイントでさえ初心者負け組は「なかなか損切りが出来ませ~ん、どうしたらいいですか~」と言ってるぐらいなのに根拠のないポイントでできるわけねえじゃん。じゃあ勝ち組だったらできるのか?となるが、そもそも勝ち組はそんな天井当てのトレードなんかしません。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック