雑感

 今日はまず銀行へ寄って金を下ろしてからコンビニで固定資産税と介護保険料の支払いを済ませ、昨日寄れなかった調剤薬局へ行って処方された目薬をもらって来た。前回とまったく同じ種類の目薬で同じ量(本数)だったがまた値段が安くなっていた。物価は上がっているが薬価は下がっているんだね。
 政治家の裏金問題に端を発して納税義務の認識にまで波及していることで、確定申告の時期とも相まって税務署の職員に文句を言う納税者が多いと聞くが、税務署の職員に文句を言うというのはどうなのかね?税務署がちゃんと仕事していないから悪いということなんだろうけど、現行法の下ではなかなか難しいと思うのだがどうなんでしょ。
 今朝の新聞に出生数と婚姻数の減少が著しいという記事が載っていた。少子化問題の根本は子供を産まなくなったというより婚姻をしなくなったからというところにあるんじゃないの? そらぁ結婚しなきゃ子供も生まれまへんわな。だから少子化対策でいろいろと施策を考えているようだが、本当は少子化対策より婚姻対策を考えるべきなんじゃね? なぜ若者たちは結婚しないのか?の原因を探り、その原因へメスを入れて対策を講じないと駄目でしょ。とりあえず結婚してしまえばそのうち子供なんて自然に増えるでしょ。
 他にも今日の新聞にはいろんなネタが転がっていたが、それらについていちいち書いてたらしんどいからもう書かない。ここからは相場ネタで行きます。エヌビディアの決算を受けて急伸した相場だが、それ以降は高値膠着と言った感じである。あれだけ急伸したにもかかわらず、それほど押していないということはやはり相場は強いと考えるのが自然だろう。いや、ほんとに強いなら続伸するだろうから、そうはなっていない所を見ると弱くないと言った方が適切なのかもしれない。まぁいずれにしても今のところはまだ売りを考える場面ではないことだけは確かである。利食いの売りならまだしも空売りなんてとんでもないということになる。だが逆張り好きの初心者はもうそろそろこの辺が限界だろうという勝手な思い込みで売りを仕掛けてしまったりする。過去の自分がそうだったからよく分かる。まぁそこで売った結果がどうなるかは分からんが、同じような場面で10回売ったとしたら半分以上は担がれて損切りの憂き目にあうと思うのね。天井なんて当たりっこないんだけど初心者のうちは当てられそうに思っちゃうんだよね、で、天井を狙うから逆張りをしてしまう。誰もが天井を打ったと分かるようになってから仕掛ければいいのだが、それだと天井から下げてきた分が取れないじゃないかという思いが強いので出来ないのである。売りに限らず買いでも同じことが言え、頭と尻尾をくれてやることが出来ない思考回路になっているのである。そういう思考回路だとどうしても予想したくなる、つまり予想して天と底を当てようとするのである、でないと頭と尻尾を取り逃がすことになると思っているからである。まぁこれは誰もが通る道であるから問題はいかに早くその考え方から抜け出せるかであるが、それにはそれなりのトレード経験を要することになると思う。
 先日トレード対象を増やそうとして天然ガスを検討したが結果的にやめたと書いた。そこで新たなトレード対象としてドイツのDAX指数を取り入れることにした。同じ先進国株価指数ではあるが、日、米とは少し異なる値動きをすることもあるからいいだろうと思って取り入れた。これで全部で10銘柄となった。もうこれ以上は要らない、これだけあってもエントリータイミングが長い間来ないならそれは諦めるしかない。日、米、欧、中の株価指数、原油、金と銅の金属、大豆とコーンの穀物とこれだけありゃ何とかなるっしょ。ほんとはこれにドル円まで入れたら万全なんだろうけど、FXになると別口座になり証拠金とか面倒だからやらない。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

 

コメント

非公開コメント

トラックバック