雑感

 1週間ほど前から寝つきが非常に悪くなった。なんでだろうと考えていたら「あぁこれか」というのを思いついた。何かと言うとデイトレをやめたことである。デイトレをやっているとずっと神経が休まらず、寝る時には神経が疲れ切った状態になって寝れていたが、デイトレを止めた今は神経も疲れていないのでなかなか眠れないということなんだろうと思う。神経が疲れないなら肉体を疲れさせようと思い、ウォーキングをするべく着替えて玄関の外に出たのだが、あまりの寒さに戦意喪失してしまい3秒で家の中に戻ったよ。せっかく着替えたのにもったいないと思い、じゃあ病院にでも行くかということで膝注射を射ちに行って来ました。膝注射も今は2か月に1回で済むからほとんど負担にはならない。ウォーキングはもう少し暖かくならないと寒さが苦手な私には無理っぽいな、あと1か月ほどは待つ必要がありそうである。
 今現在(14:00)日経は史上最高値更新まであと1歩というところで足止めを食らっている状態であるが、ここまで来たんだからもう一気に更新しちゃいなよという気がしている。恐らく世間もそういう感じで見ていると思うし、また恐らくそうなるだろうと思っている。ただノーポジの私にしたらここで更新しようがしまいが関係ないのはもちろんであるし、エントリーチャンスになるならないもすぐには関係ない。昨日書いていたようにナス100が今日ルール的に一応エントリーできる状態になったのだが、あまり気乗りがしないのでどうしようか迷っている。過去の経験上こういう迷った時は仕掛けない方がよかったという結果になりやすかったように思う。エントリーしなきゃ絶対に損はしないからね。乗り気じゃないのに手を出して損したら「あぁやはりこうなったか」という後悔が残るが、エントリーしなくて儲けそこなった分に関しては悔いが残るとまでは言えない。まぁそんなわけで多分エントリーはせずに今週を終えることになるだろう。手法ルールなんて最低限のルールを定めたものであるから実際エントリーするかしないかは裁量判断によることになる。手法ルールを満たせば最低でも60点のエントリー状況であることは認めるが、70点や80点のエントリー状況を求めるのなら選別する必要がある。手法ルールをシステム化してシステムトレードを行えば勝てても大した利益にはならないが、上手いトレーダーが裁量判断で選別したエントリーを行えば大きな利益を勝ち取ることが出来るのである。このことは現実がそれを証明してくれているので説明の必要はないだろう。ただ上手いトレーダーだからシステムトレードより大きな利益になるのであって、下手なトレーダーだとシステムトレードより悪い結果となることは想像に難くない。何やかやと書いてるうちに大引けとなったが今日のところは最高値更新できなかったようだ。まぁ来週のお楽しみに取っておいたということなんだろうね。この週末にみんなが「おぉ、これは行けるぜ!」という気になって来週は更新してくるのかなとも思うが、大衆個人投資家が寄ってたかっても機関投資家等の大口の資金には敵わないだろうからどうなんのかね?別に機関投資家が一斉に売りに回るということでもないだろうし。まぁそんなこたぁどうでもいいや。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック