初詣

 今日は今年初めての参拝に行って来ました。しかし3年以上前からやってる参道の改修工事はいつになったら終わるんかね、確か予定ではもう終わってなおかしい頃なんやけどな。わずか2~300メートルの道路工事になんで3年も4年もかかるんや、高速道路でももっと早うできるで。まぁそんなことを思いながら参拝を済ませたんだが、神札を買おうか買うまいか迷ったが結局今日は買わなかった。というのも今の神札を買ってからまだ1年経っていないからというもあるが、なんか知らんけど今日は買う気分じゃなかったんよ。70年近く生きてきた経験からその気にならん時は無理にせんほうがええという自分なりの教えがあるからね。ああいうもんは買う気になったときに買えばそれでいいんや。
 さてさて相場(日経)の方ですが、依然としてはっきりとした動きは出てまへんな。先日言ったように上か下か言うたら上やと思うとるのは変わらんのやけど、その上への動きがハッキリするのはもう少し先になりそうやな。今日の午前中も高値を更新してたけど保ち合いの中の動きに変わりはなく、上昇への確信はまだ持てない。今夜の雇用統計で何らかの動きが出て来るかどうかやね。しかし保ち合いでトレンドは出ていないが上へ下へと大きく動くからボラは大きい。このボラの大きさにつられてスケベ心からちょっとつまんでやろうなんて思って手を出すとやられる。今までさんざんやられてきたからよう分かる。レンジなんだから上で売って下で買えば儲かるじゃんて頭の中で考えることはできても、実際やってみると事はそう単純ではないことに気付く。最初のうちは儲かっていてもいずれレンジからトレンドになる時が来て、その時の売買の切り替えがうまくできなくて今までの儲けを吐き出すのが通例である。上手くやる人もいるのは確かだがそんな人はごく限られた人であって、凡人にはまあ無理と考えておいた方がいいと過去の経験から思う。初心者負け組は値が動いている分は全部取らないといけないという思いがあるから、値動きがある限り手を出すことになってしまう。今みたいに1日に500円も600円も動いていて売買しないのは有り得ない、どうかしてるぜと思ってしまうのである。ただ売買しないと儲からないのも事実である。そして難しい値動きをトレードすると負け易くなるのも事実である。この相反するような問題を解決しようと思えば売買(トレード)する対象を増やすしかないだろう。私みたいに日経先物だけしかトレードしないとなると今のような難しい値動きの時はノートレードを貫くしかないが、当然儲かることもない。私は儲けなくても年金で何とか食べるだけならやっていけるからそれでもいいと思っているが、もっと儲けなきゃ厭だと言うなら日経先物以外にトレードする対象商品を増やすしかないのである。そうすればトレードしやすい値動きをしている対象を選んで売買できる。だが日経先物だけでも満足なチャート分析ができないのに、対象を増やしたらもっと分析が温いものになってしまうんじゃないかと危惧する反面、いや、増やした方がチャートに接する時間が増えて分析力が上がるんじゃないのと思ったりもするのである。あんたどうせ暇で毎日ユーチューブばかり見てるんだからその時間を新たなトレード対象のチャート分析に充てたらどうだ、というツッコミは入れないでおくんなまし。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック