手法構築

 手法ルール構築作業を進めて行ってるがゴールには程遠いところにいる。そらぁ今まで手法ルールと言えるほどのものは無く、感覚だよりのトレードをやってたのだから、今回初めて作成するようなもんなので時間はかかりますわな。短期トレードをやるのに明確な手法ルール無しで今までようやってたわと自分でも思う。それじゃあ勝てないのも無理はない、むしろ退場にならない方が不思議である。退場になっていないのは資金管理と損切りを徹底していたからでしかない。この二つを徹底すれば少なくとも大負けはしないから退場にはまぁならない。だが確たる手法がないから勝ち越すことも難しい。明確な手法ルールがないとその時の気分で売買してしまうことになる。まぁ頭の中にある程度のルールらしきものはあるが、明文化されていないからアバウトなガバガバ緩々のものでしかない。そうするとどうしても欲に負けてエントリーが早くなってしまう傾向になる。つまり「待てない」という状態になるのである。これは負け組に例外なく共通する現象である。ルールには一応沿っているがエントリーのタイミングが早いいわゆるフライングもこれに該当するが、フライングよりも拙いのが手法ルールとはかけ離れた要らんトレードをしてしまうことである。これも広い意味では「待てない」ということである。待てないから要らんことをしてしまうのである。明確な信頼置ける確たる手法ルールがあればフライングも要らんこともしなくなると私は思うのだが違うだろうか? ルール通りにやれば勝てると分かっているのにそれ以外のことをやる必要性がどこにあるというのだろう。手法ルールを心底信用していればそんなことはしないはずだ、心底信用していない手法ルールだからそういうことをしてしまうんじゃないのかと私は思うのである。欲という感情を抑え込むなんてことは不可能である、ならば勝ちたい、儲けたいという欲を、勝てる、儲かる手法ルールによって昇華させるという方法を使えばいいんじゃないかと思うのよ。とまあそういう思いで手法作成に取り掛かり始めたのだが、信頼できる手法がおいそれとできるはずもなく、然るべき相当の時間は必要になってくる。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック