今年もよろしくお願いします

 まずは新年明けましておめでとうございますというありきたりの挨拶からですかね、新年の何がめでたいのか分かりませんけど。
 さて新年1発目の記事は何を書けばいいものやらと考えたが、新年だからと言って特別なものを書く必要もないと思うのでいつも通りで行きます。
 別にめでたくはないけど平穏無事な新年を迎えられたというのが何よりだと思っています。トラブルを抱えているわけでもなく、経済的に困窮しているわけでもなく、新たな健康上の問題が発生したわけでもなく、身内に特段の問題が起こっているわけでもなく、な~んも心配することがないという、これ以上の幸せはないんじゃないか状態にあると思っている。トレードでなかなか勝てるようにならないなんてことは些末でどうでもいいことであるという認識でいなければならない。そういう認識の上でトレード技術の向上を目指すのがいいんだと思う。そう思ってこの年末年始もトレード技術の向上を目指してるんだ。そんな元旦から相場漬けの私だが年末の日経がいくらで終えたのか知らないんだ。忘れたというのとも違う、まして認知症でもない、もともと知らないというか意識していないんだ。えっ、相場(トレード)やってて日経の値を知らない?3日前に始めたばかりの初心者でも知ってるだろ、と言われるかもしれないが本当に知らないというか覚えていない。なんでかと言うとトレードするのに株価(指数)は必要ないからである。1日中チャートを見ているが株価なんてそんなに意識して見ていない、見ているのは波動、波形だけである。株価がいくらになったら売るとか買うではなく、株価がこう動いてローソク足がこの位置に来たらエントリーするということだけを意識している。中長期の投資家なら株価は当然意識するだろうが・・・。短期トレードは水平線がどの水準に通っていて、トレンドラインがどこを通っていて、移動平均線がどういう位置にあって向きはどうなってるかが分かればそれで十分、後はインジケータだが私は要らないというか使っていない。インジが増えればそれだけ判断が複雑になってしまうからである。チャート上に水平線、トレンドライン、MA、一目均衡表、ボリンジャーバンド、RSI、MACD、ストキャスティクスをすべて表示させているようなのを見掛けることがあるが、肝心のローソク足が見えにくくなってしまってるように思える。頭の悪い私にはそれだけのインジを使いこなしてチャート判断するのは到底不可能である、水平線でさえ何本も引いてるとこんがらがってしまうというのに。まぁそんなこんなで元旦から弄ってやっとります。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック