経歴(学歴)詐称

 どうやら小池都知事の政治生命も尽きたようだ。以前から彼女のカイロ大学を首席で卒業したという学歴に関しては疑問の声が上がっていたが、金で買える卒業証明書なるものをひけらかして虚偽ではないことを覆い隠していた。今回は在学時同居して暮らしていた人が実名顔出しで証言していることから、小池氏の経歴(学歴)は虚偽であることが真実味を一段と帯びてきた。つうかこれもう決まりっしょ。今回文春のインタビュー記事によって世間に知らしめることになったが、私の高校時代の同級生でフリージャーナリストをやっている人間も今回この人に会ってインタビューしている。今回この件によって政治家なんかの経歴が如何にいい加減なものかがよく分かっただろう。箔をつけるためにどこどこ大学卒とか書いたり言ったりしてもほんとか嘘か見分けがつかないということになる。これは政治家なんかが立候補する際だけでなく、一般人の就職なんかにおいても同じことが言える。履歴書に書かれた経歴を信用するしかないということになるね。恐らく民間の大手一流企業でも経歴を証明できる書面をいちいち求めていないだろうと思う。だが私が任期付きの国家公務員に採用されたとき、非正規職でありながらも高校と大学の卒業証明書と、過去に在籍したすべての企業の在籍証明書を取らなければならなかった。これは今でも変わりはないはずだ。つまり過去に卒業や在職していたという証拠、エビデンスを提出できない限りは正式に採用が認められないのである。非正規の国家公務員にそこまで求めているんだから国会議員に当選した議員にもこれらを求めるのが筋というもんじゃないのか、わたしゃそう思うけどね。それで虚偽が判明すれば当選取り消しということにするのが筋というもんだろう。これをちゃんとやっていれば小池百合子は環境大臣にも防衛大臣にもなれていなかったはずである、もちろん東京都知事にもね。まぁ別にカイロ大学を首席で卒業していなくても、有権者が彼女の政治手腕を評価したなら当選できてなれたかもだけど。でも政治手腕云々の前に嘘をついてた人間だというのをどう考えるかだよね。だが考えようによっては学歴詐称なんかまだマシな方で、それよりもっと重大な嘘をついてる政治家もいるんじゃないの、知らんけど。これから私も学歴を聞かれたら京都大学を卒業しましたって言おうかな。えっ、京大ですか?って言われたら、いえ、京都(の)大学ですって言えばいいかな。「の」が入るか入らないか一文字だけの違いなんで、まったくの嘘と言うほどのもんでもないから許してくださいませね。
 で、トレードですがお昼前に反転しかけのところを買いで入ったのですが早すぎて失敗、90円ほどの損失となりました。ルール内に収まっていたというだけでそれ以外の考察力に欠けていました、まぁよくある欲ボケですね。その後も相場は下降してまた売り転換しかかってきています。先週から言っていますが今の相場は超絶ムズイというかやり難いです。トレンドが出そうで出ない中途半端な相場です。トレンドが出かかったところでまた反転するというトレンドフォローのトレーダー泣かせの相場ですな。同じレンジ相場でももう少しタイトなレンジならエントリーしないで済み、要らん損失をしないで済むのにと思ってしまいます。私のトレード時間軸と今の相場は相性が悪いということになるんでしょう。もっと長い時間軸でトレードするか逆にもっと短い時間軸でトレードしたら違った結果になってくると思いますが、そんなことをしてトレードフォームを崩したら余計に酷いことになってしまいますからそんなことはできないですね。記事を書きながら横目で相場を見ているのですが、ぎりぎりのところで売り転換せずに反転しそうになっていますがどうなるんでしょうか。まあナイトに入ってから今度はじっくり見定めて勝負するしかないですね。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック