雑感

 今日もお出かけはなしです。そしてあえて書くようなネタもこれといってなしです。さてどうする?困ったな。しゃあない、こんな時は身内ネタで恥をさらすしかないだろう。ということでアホな嫁はんネタでも書いてみるよ。嫁はんがどんだけアホかは過去に書いた詐欺電話の記事を読んだ人には分かって頂いていると思う。架かってきた詐欺電話の相手に「これって詐欺の電話と違いますよね?」と聞くようなアホである。そんな嫁はんを見ていてほかにも???と感じることがある。何かと言うと会話の途中で話の内容が前触れもなく変わるのである。ただ私との会話ではそんなことはない、もしそんなことがあれば私が容赦なく突っ込むのが分かっているからなのか、はたまた私との会話ではテンションが上がらないので冷静な状態でいられるからなのかであろう。しかしこれが私以外の人との会話では会話内容の切り替わりがよく起こる。傍で聞いてるとストレスになる。大木こだまとひびきの漫才のお決まりのパターンに話の内容が突然切り替わるというのがあるが、まさにあのような感じで切り替わる。いや、まだあの漫才の方が分かりやすい、漫才ということもあって切り替わるタイミングがハッキリしているからだ。それに比べると嫁はんの方は知らぬ間にというか分からんうちに勝手に話が切り替わっている。昨年私の父親が死んだ時の葬儀に義妹と義弟が来てくれていて、斎場で火葬が終わるまでの間待っていた時に、義妹、義弟、嫁はんの3人が会話をしているのを私は隣で聞いていた。その時「あっ、話が変わったな、義妹と義弟は分かっただろうか?」と心配になったがその心配は無用だったよ。義妹と義弟は嫁はんの話にしっかりと着いてきてくれていたよ、さすが血のつながった姉弟というべきか、若いころから慣れているからと言うべきかは分からんが会話は成立していたよ。普通は話題を変える時は「ところで・・・」と言ってから話し始めるのが普通だろ、それをすっ飛ばしてしらーっと話題を切り替える嫁はんは何と言えばいいのだろう、会話の魔術師?いや、会話の詐欺師?まぁなんか知らんがこれ以上私にストレスをかけないでくれ、頼むわ。ちゅうことで身内の恥を晒して何とか紙面も埋まったからこれでいいだろう。相場、トレードに関しては昨日の記事で書いたこと以外には特にありませんので今日はこれで終わりにさせてください。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック