雑感

 今日のお出掛けは無しです。なので今日も思うことをダラダラ書いて行きます。
 今月下旬に京都で大学のゼミの同窓会があり楽しみにしているのだが、昨日同期の幹事からハガキが来て、今年は〇〇(同期のゼミ生)も出席するって返事があったと書いてあった。このハガキを読んで私は少し鬱陶しい気分になった。なぜかと言うと彼は私なんかよりはるかに優秀で人間性も悪くないのだが、良くしゃべると言うかもう一人で喋り倒すから鬱陶しいのである。ゼミの飲み会の後4人ほどで喫茶店に入ったのだが、面白くもない話を延々と聞かされた私はいい加減もうやめてくれオーラを出しまくったのだが、当の本人は気づいたか気づいてなかったのか分からないけどお構いなしにしゃべり倒してたよ。同席してた他の人間には私の態度が伝わったらしく、後日「〇〇(私の名前)がうんざりした顔していた」と他のゼミ生に話していたよ。まぁこれは学生の時の話だが70近くなった今はどうなんかね?いくらなんでも学生の時と同じように喋り倒すとは思っていないが、口数少ない人間に変身しているとは到底思えず、少なからず憂鬱な気分に今からなっているのである。今更〇〇が出席するなら俺は欠席するとも言えんしな。そんな彼だが一つだけ私と共通点がある。何かと言えば出身が同じ、つまり修羅の国(北九州市)出身だということである。卒業した高校は違うが同郷だから話題によってはまぁそれなりに話は合うだろう、そこに望みをかけるよ、それ以外で話が合うとは思えないからね。
 119番通報を受け付けるセンターの様子を紹介した動画を見たんだが酷いね。いや、酷いのはセンターじゃなくて電話してくる一部の人間のことである。119番をなんだと思ってるのかね、日本国民として情けないよ、まったく。隣の工事現場の音がうるさいから何とかしてくれって、どうしろって言うんだよ。工事の音がうるさいんだったら直接隣の工事現場の監督に言えよ。ひょっとして消防ホースで水を掛けて騒音を止めさせてほしかったんやろか? 次はこんなアホもおったな。道でタクシーを拾おうとしてるんだけどタクシーがなかなか止まってくれないと言って119番通報してきたやつ。どうやらタクシーの代わりに救急車に乗せてもらって目的地に行こうとしてたようだ、もう死んでしまえ!! それからこんなのもあったな。銀行の通帳が見当たらないんだけど失くしたらしいからどうしたらいい? 馬鹿かオメ~は、消防署が通帳再発行してくれるとでも思ったのかよ、なんでそんなことも分からねえんだ、今すぐ銀行に電話しろ、ボケが。とまあこんな調子で119番通報に架かってくる電話を受ける方も大変だね、一応不要不急の電話と判断した時点で電話は切らせてもらうとしているが、それでも私には到底務まりそうにないね。私なら電話の途中で「アホ!ボケ!カス!」と言って即座にガチャ切りしてしまうだろうね。
 今朝の新聞を読んでいて、今までの私の認識が間違っていたことに気付かされたよ。何かと言うと子供の自殺の原因はいじめによるものが圧倒的に多いと思っていたのだが違っていて、一番多いのは学業不振だそうである。つまりは学校の成績が悪いのを苦にして死を選択してしまうということである。なんでそうなるのかねぇーと考えるに、これは親が悪いとしか言いようがないな、うん、100パー親が悪い。子供に無理やり勉強させたり、成績が芳しくないことに対して必要以上にうるさく言うから子供は思い悩んでしまう。ある程度の時間勉強してそれなりに成績が上がらないんだったら考え方変えろよ。勉強の仕方が悪いのかもともと頭の出来がよろしくないのかのどちらかだ。塾へも行かず独学なら勉強の仕方が悪いということも考えられるが、そうじゃなきゃ親のあんたの頭が悪いのが原因だよ。遺伝って知ってるよな、それだよ。まぁ遺伝には違いないんだが父親+母親÷2ではないと思うぞ。どちらかの比重が高くなるのが普通だ。それとこれはある人の持論のようだが子供の成績と言うか学業に関しては母親によって決まってくるとのことである。私はこの理由と言うか理屈がどんなものなのかまでは知らないがそういうことのようである。まぁそんな細かいことはともかくとして、とにかく遺伝であるということを親がしっかり認識できていれば子供に無理強いすることはないと思うのだが違うだろうか。少なくとも私はそういう考えだから自分の子供に勉強しろと言ったことは一度もない。勉強しろと言われなくてもする子はするし、言われなかったらしない子は勉学には向いていない子なんだと思って育てればいんじゃね? そうすりゃ親も子もストレスなく過ごせるでしょ。
 今日は思いのほか記事が長くなってしまったのでトレードに関しては超簡潔に書きます。ナイトで2戦して2敗のボロ負けでした。ちゅうことでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック