コンマトレーダー

 今日はお出掛けせずです。昨日もお出掛けなしと書きましたが、夕方にいつもの病院(内科)に行って整腸剤貰ってきましたので昨日はお出掛けしています。特に用事がないのでお出掛けしないということもありますが、風邪気味で体調的にイマイチなのもあります。明確な風邪の症状があるわけではないのですが、あーこれいつもの風邪ひきかけ特有の感覚だなという感じの体の調子です。なので朝、昼と葛根湯を飲んでみました。夜まで飲めば多分治るはずです。
 さて今日は何を書こうかなんですが、教育ネタはないこともないのですが昨日書いたとこなので止めておきます。じゃあ今日はいつものトレードネタではなく、広義の投資ネタでも書いてみます。日本はアメリカなんかに比べると預貯金の比率が高くて株式や債券等の投資に回るお金が少ないということになっています。昔は資産に占める株式等の割合は10%あるかないかでした。これは現在でもそれほど変わっておらず、せいぜい十数パーセントと言ったところだと思っていますが違ってたらごめんなさいです。私もちょっと前まではなんでこんなに少ない(低い)んだろうと思っていたものです。ところがいざ現在の自分の状況を改めて確認したらとんでもない数字になっていることに気が付いたんです。とんでもない数字というのはとんでもなく高いというんじゃなくてその逆、つまりとんでもなく低い数字(比率)になっていたんです。日本の平均が先ほど言った十数パーセントだとすると、さらにその50分の1程度の比率だったんです。つまり1%にも満たないコンマ数パーセントなんですね。「おいっ、コラッ、てめぇ、1%も投資してないもんが偉そうに大きい顔してトレードブログなんか書いてるんじゃねえよ」と言われそうだがちょっと待ってほしい。そらぁ20代、30代の若い世代だったらそんなもん50パーや60パーあって当然だろ、実際私も若い頃はそんなもんかそれ以上だったよ。だが今や私も古希を間近に控えている身でそんなことが出来るはずないやろ。認知症リスクが高い家系なんやからいつ施設に入らなあかんようになるとも限らん。そうなったら施設の入居に際してどんだけの費用が掛かることか、両親二人とも施設に入っていたから否が応でも分かっとるわい。そらぁ何億という資産があるんやったら別やで、半分投資に回しても別に困ることはないだろう、だが私はそうじゃないんだからそんなことできるわけないやろ、ということですわ。なんならこれから私のことを1%未満を意味する「コンマトレーダー」と呼んでくれたらいい。その呼称なら甘んじて受けたいと思っている。なんなら「おままごとトレーダー」でもいいぞ、どっちでも好きにしてくれや。
 さてトレードですが、ナイトはノートレで、今日の朝に一度売りで入りましたがトントン決済しています。損切りポイントまで我慢してたら大幅利食いになっていたといういつものパターンでした。やっぱ才能無いね。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック