前割

 前割(まえわり)と聞いて何を思い浮かべるか? 旅行好きな人なら航空券などを一定期間前もって購入すれば割引される前割を思い浮かべるだろうし、焼酎好きな人なら事前にお酒を水で割ってしばらく寝かせて飲む前割を思い浮かべるだろう。私はこの焼酎の前割を飲んだことはないのでどのような味の違いがあるのか分からない。もともと私は焼酎があまり好きではないのでそんな手間暇かけた飲み方までしようと思わない。が、この前割は焼酎だけでなくウイスキーでも通用する飲み方になっている。前割で飲む水割りと普通の水割りでどう違うのかと言えば味がまろやかになると言われている。ふ~ん、そんなもんかねえ~ということで近々一度やってみようと思っている。しかしよ~、それでまろやかな味になってこりゃうめえやとなったらどうなる?今でさえ毎日飲んでるのに、今より美味いとなったら飲み過ぎになるだろうと思う。そうなれば体にもお財布にも負担がかかるようになるよね、それはあまりよろしくないな。まあでも一度は試してみないことには話にならないからいつかやってみようと思っている。次もウイスキーの飲み方に関するネタになるんだが、一般的な飲み方と言えばストレート、ロック、水割り、ハイボールが代表的な飲み方として知られている。個人的にはストレートはストレート過ぎるし、ハイボールはウイスキーを味わうという点では邪道な飲み方だと思うし、水割りは薄まった感がして頼りないと感じる。なので今までロックで飲むことが多かったのだが、ロックもちょっと違うなという感じがしていた。そこで最近はロックと水割りの中間的な飲み方、ロックより薄いが水割りより濃いというのが自分的にはしっくりくるのでこの飲み方にしていた。こんな飲み方するのは私ぐらいかと思っていたし、ましてこんな飲み方に名称等あるはずもないと思っていた。ところが昨日ユーチューブで私のやっている飲み方と同じ飲み方が紹介されていて、その飲み方を「ハーフロック」と呼んでいた。ハーフロックか、なるほどねという訳である。もうこの齢になって外で飲むこともないと思うが、もし外で飲む機会があって飲み方どうされますかと聞かれたら迷わず「ハーフロックで」と言ってみたい。でもこれを安もんのスナックなんかで言うと通じないんだろうな、ハーフロック、何それ?と思いながら店の女の子が作ってくれるのは、氷もウイスキーも通常の半分の量になったロックが出てきたりするんじゃないかと思ったりする。まあそんなこんなで最近はウイスキーに嵌まってしまっている。アルコールもいろんな種類があるがウイスキーが最も味わい深い飲み物だと思うね。
 トレードの方は計画(ルール)通り今日の朝一というか、寄り付いた瞬間に成り行きで買いを入れ100円を取ったのは良かったが、その後売り転換したので今度は売りで入ったが130円ほどの損切りになってしまいました。その後再度売り転換したので売りで入り直しています。一応ルール上でトレンド発生(転換)したら裁量は入れず機械的に入るようにしています。ポンコツトレーダーの裁量ほど当てにならないものはないですからね。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック