無題

 今日のお出掛けはバーリアルを買いにイオンタウンにあるダイエーまで行ってきました。代金701円を払ったら小銭入れの1円と5円硬貨が0になりましたよ。帰ってきて地下の駐車場で私の隣のスペースに停めてある同じ階の奥さんが出掛けるのに車に乗り込んだはいいが何やら独り言のようにぶつぶつつぶやいていたので「どうされました?」と声をかけると、どうやら家に何か忘れ物をしてきたらしく、「いっつも忘れるわ・・・」とか言いながら家に戻って行った。この方も年齢的には後期高齢者になるかならないかぐらいなので物忘れが目立ってきたのだろう。そう言えば私の1階上の独りで住んでいるおばあさん、齢はもう80代後半だと思うが数週間前から部屋のリフォーム工事をやっている。工事内容は風呂やらキッチンやら結構な規模の工事のようであるが、こう言っちゃなんだがその齢で今からリフォームする?って思ったんだ。廊下や部屋に手すりを付けるとかいう工事だったら分かるが、風呂場の湯舟を替えるとか水漏れがあるわけでもないだろうにする必要ある?ほんで今現在本人は病院に入院しているということである。このような状況から私はリフォーム業者が認知症がかった老人を騙して工事契約を結ばせたんじゃないかと思ったが、まあよその家のことに関わることもないのでそう思ったまでのことである。
 さてトレードの方ですが連敗は5でストップしました。今日は場が始まる前から勝つ気満々で臨みましたよ、金曜ナイト引けまでのチャートで今日は寄り付きと同時に買いあるのみとの判断でした。32761で買い32875決済の+114でした。この土日で自分なりにかなり考えてみました、いろいろと。もちろん手法的なことも考えましたけど、それよりもっとトレードというものの根本的なところも考えてみました。しかし考えれば考えるほどトレードというものの奥深さには驚かされます。ところでSBI証券と楽天証券が株式の手数料0を打ち出しましたが、その背景にはこの春から口座の開設数が急激に増えたことと無縁ではないようですね。口座数の増加ということは新規参入者の増加ということですね。春からの相場上昇で買っときゃ儲かると思った人たちが押し寄せたんですね、まぁいつものことですが。楽して儲かる仕事はないか?と考えた時に、株トレードなら買いか売りか選択して注文ボタンを押せばいいだけじゃんか、これ以上楽して儲かるものはないと考えるわけです。もちろん頭の中では100%儲かる、勝てるとは限らないと思っていますが、そんな考えは注文ボタンを押す際にはどこかへ吹き飛んでしまって、自分だけは違うんだ、儲かるんだという桃源郷の世界が展開されてしまっているわけです。そして自分の相手はプロトレーダーであることなんか微塵も意識していないんですね。トレード以外のことなら昨日今日始めた人間がプロに勝てるなんて間違っても考えないのに、トレードになると相手が見えないということもあってそんな風には考えない。その結果大半の新規トレーダーは資金飛ばして退場の憂き目を見ることになる。で、勉強熱心な人は手法を勉強して敗者復活戦に挑むことになる。が、勉強した通りに実戦ではできないということを経験して自己嫌悪に陥る。そこで今度はなぜできないのかを考えることになるが、できないのは練習が足りないからだという教えが世の中に幅を利かせていることもあって1000本ノックとやらをやり始めることになる。この1000本ノックによって中にはできるようになる人も出て来るが、大概の人は相変わらずできないままである。根性のある人は2000本ノックを受ければできるようになると考え挑戦する。これでできるようになればまだいいが、多くは取り残されるだろう。じゃあ次は3000本ノックか?となるが、もう気力も資金も残されていないのではないかと思う。1000本ノックを終えてできていなければ2000本ノックに進むしかないが、なぜ1000本やってできないのかをよく考えてみる必要があるのではないか?漫然と同じようにやったのでは時間と資金の浪費になってしまわないか、そう思うのである。以上は一応定まった手法を基にした場合であり、手法が定まらないままにノックをいくら受けても意味はないだろう。過去の私がそのいい例である。ということでまたのう。

スイングトレードランキング
スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック