乗るしかない

 ナイトから今日にかけてのトレード
30247 -1 0-1
30555 1-  0  +308
30481 -1 0-1
30483 1-  0  +2
30496 -1 0-1
 以上になります。ナイトが始まった段階で買いを入れようと思ったが、朝の寄り付きの時と一緒で踏み切れなかった。その後の上昇を見てこれはもう乗るしかないと思い、浅い押しであったが買いを入れたよ。30000円の節目で一旦は押したものの、その後再び30000円を超えてきたからにはまだ上値はあると踏んで決断した。まあそれなりの値幅は取れたのでまあまあ満足というところか。しかしこれだけ上げるということは日本の株式市場にとって何かそれなりの好材料があるのではないか?と思いたくなる気持ちは分かるが、以前から指摘しているようにドイツのDAX指数やアメリカのナスダック指数においては日本と同じように上げていることから、なにか日本固有の材料があると考えるのはちょっとつじつまが合わないんじゃないのかと思うのね。世界を見渡せば今上げているのは主に先進国の株価であり、それ以外の国の株価は軟調であったり下げていたりする。今まで過去日本は他の国が上げても一向に上がらない相場が続いていたこともあって、今回のような上げが発生するとこんなに上げるのはおかしい、どうせまた下げるはずだというふうに思ってしまう思考回路が出来上がっているから、今の上昇相場を特別視する傾向にあるが、これでやっと普通というか他国並みになっただけの話だと私は思っている。まあ確かに日本にとっては今回のインフレにより30年ほど続いたデフレから脱却できるというのはインパクトがあり、それが相場を押し上げているということはあるだろう。インフレによって企業業績が上向き、賃上げによって消費意欲も上向いて経済の好循環が始まる。さらにその上に自社株買いというカンフル剤を注入すれば相場も上がらないわけにいくまい。ということでこれから日本の株式市場はバブル期高値を目指して行くことになるのではないか?そんな気持ちにもなるがどうだろうね。そんなシナリオに対する最大のネックはアメリカのリセッションがどうなるのかだが、そんなことは考えても分からないから毎月の経済指数、動向を追って行けばぼんやりと分かるかもしれない。個人的にはそんなファンダにとらわれることなく、値動きだけを頼りに売買していくことが一番の秘策だと思っている。ということでまたのう。


スイングトレードランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック