今度こそ転換か

 昨日のナイトは28711円で売って28618円で決済し93円抜いています。今日は今のところ売買なしです。値位置が中途半端だしトレンドも出ていなかったので入るようなところではなかったですね、この先は分かりませんが。さて今まで2度にわたってだましにあったような形で下げ転換とならず、売りで思うように取れていませんが、いよいよ来るか?という目で今の相場を見ています。1回目は5日線を終値が下回っただけで転換を期待しはずれたので2回目は5日線が下向くのを待ったんですがこれも外れました。まあトレンドラインは割り込んでいなかったんだから早合点したと言われても仕方ない、やはり単独サインだけで転換を判断するのは無理ですね。ということで今回は複数のサインが点灯するのを待っているところです。今回は今現在5日線は下向きに転じていますが、トレンドラインはぎりぎり割り込んでいません。今5日線が下向きに転じていると書きましたが日経先物のチャートはまだ下を向いていません。祝日稼働の先物は祝日に動いた分はすべて1本の足に含まれて表わされるので、3日から5日までの3日間の動きは8日(月)の足になってしまう。ですがCFDやCMEの先物チャートだと3日から5日の動きはそれぞれ3本の足で表され、それだと既に下向きに転じているということです。トレンドラインが今ぎりぎりセーフの状態でいつ割り込んでもおかしくない状況になっていますが、仮にこれを割りこんだとしてもそれでトレンド転換と判断するのは早計だと思います。私はそこにさらにADXを加えてプラスIDとマイナスIDがデッドクロスするまでは転換と判断しません。ここまでサインが揃えば転換と判断しても差し支えないと思っていますが、さらに念を入れるなら第2のトレンドラインを割り込むのを待つという手もあります。第2のトレンドラインってなんやねん?と思われると思いますが、これは私が勝手に独自で付けた名称で世間にはそんなものはありません。どういうラインかと言うと去年から何度か(上昇)トレンドラインがチャート上で引けるかと思いますが、それらのラインの角度はどれもほぼ同じ角度なんですね。ところが今現在のトレンドラインはそれらより角度がやや急になっています。つまりこれを通常の角度のラインに引き直したものを第2のトレンドラインと呼んでいるわけです。今のやや急角度のラインを割り込んでも通常角度のラインで反転するかも知れないという意味のラインです。まあここまで待って判断してそれで騙しに会ったらもう諦めるしかないでしょう。ただここまで待つと天井からそこそこ下がった位置になりますが仕方ありませんね。ところでこの記事を書いている間に相場は完全に膠着状態になりました。多分雇用統計が発表されるまではもう動きはほとんどないでしょうね。さてどうなりますやら、21時30分が待ち遠しいですか?私はそれより今日の晩御飯の方が楽しみです。ということでまたのう。


スイングトレードランキング


コメント

非公開コメント

トラックバック