雑感

 とうとうコロナが大したことのない病気であることが白日の下にさらされた。私はオミクロンに変異した1年前からそう言ってきたが、世間は「コロナ怖い」脳に侵された人々で溢れかえっていた。大したことのないという抽象的な表現ではわかりにくいと言うなら、インフルエンザと同等以下であると言えば分かってもらえるだろうか。私はインフルエンザと同等程度だと以前から言って来たが、ようやく公的自治体である静岡県がデータでもって証明してくれた。重症化率、死亡率ともにインフルエンザ以下である。まあ以下と言っても同等レベルだと言った方がいいくらいの差ではあるが。今まで5類に引き下げない理由の一つにこのインフルエンザと同等レベルにならない限り無理だというのがあったが、これでもはやその理由は通用しなくなったと同時にこれでもまだ引き下げないというのなら、利権にしがみついているからとしか言いようがないことになる。しかいまだ抵抗するべく、静岡県のこのデータに難癖をつけて来ることも考えられる。しかし5類に引き下げなかったために救える命も救えなかったのは政府、厚労省、医師会が殺したと言い換えることが出来ることをどれだけ分かっているのかと思うが、国民の命など軽くしか考えていない連中にそれを望むのは無理というものだろう。ここにきてようやく加藤厚労相がアクリル板の撤去に言及しだしたが、私からすれば「なに今頃寝ぼけたこと言ってんだ」である。個人的にはこの加藤厚労相の発言からもう少し突っ込んで考えてみてほしいことがある。アクリル板を撤去するということは効果がないということを認めたということになると思うのだが、そうであれば同じくマスクも効果がないということになるのではないかということである。飛沫を防ぐ目的で設置されたアクリル板は効果がない、つまり空気感染するコロナに対してアクリル板は意味がないということは即ちウイルスにとってざるの目であるマスクも同様意味がないということになるのである。つまりアクリル板は撤去します、不要ですと言うのなら、マスクもしなくていいです、不要ですと言ってくれよと思うが、こんなこと考えてるのはへんこな私ぐらいのもんだろうね。まあ別に厚労相や総理大臣が言わなくても私はとっくにマスクはしていないからどうってことないが、周りに気を使ってしたくもないマスクをしている人なんかはお墨付きが欲しいだろうからね。まあこれからどんどんこの手のデータなり情報は出て来ると思うよ、だってもう隠しきれなくなりつつあるからね。海外ではすでに公に出ているものも日本のメディアはとことん隠してきたが、それにも限界というものがあるからね。ということでまたのう。


トレード日記ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック