雑感

 さて今日は何を書こうかと思うがこれといって思いつかないので、いつものようにダラダラと書いて行くしかない。
 数週間前に解散総選挙とうちの親父の死期は来年6月以降にしてほしいと書いたが、どちらもちょっとそこまで持ちそうにない気がしてきた。昨日親父が入院している病院の先生から電話があって病状を聞かされたのだが、それを聞いていて上のように感じた次第である。政治のほうも現政権の迷走ぶりが際立ってきており、年明け以降どうなるか分からんね。本人はサミットまではどうにかして持たせたいのだろうが、難しいような気がしている。なんせ後まだ半年もあるんだぜ、そもそも私は岸田政権は1年で終わりと予想していたので1年が経過した今となってはいつ解散になっても驚かないし、あと半年も持つ方が不思議だとも思っている。しかし問題は次の総理候補であるが、今現在挙がっている名前だと碌なのがいない。であればこのまま岸田でのらりくらりと行ったほうがマシかとさえ思えてくるよ。そんな状況になっているのも自民党という政党の劣化が原因なんだろうね。最近は国民民主党のほうがマシなんじゃね?とさえ思えてくるから困ったもんだ。個人的には公明党じゃなく国民民主と連立してほしいね、公明党は要らねえ。それと自民党の中の左に傾いて倒れそうになってる議員は要らねえ。そんなの公認しちゃダメだろと思うが党全体が左寄りになってしまってるからどうしようもないんだね。まあ前にも書いたかもしれないが、これからは右とか左とかいう分け方で政治を考えるよりも、グローバルか反グローバルかで考えた方がいいかも知れないと思っている。それで言うと私は反グロだね、半グレでもエログロでもないよ。グローバル嫌いやねん、これからの時代はグローバルに物事を考えて…とか言うてるやつ見たらムカムカしてくるねん。お前だけ勝手に考えとけっちゅう感じ、ほなまたのう。


トレード日記ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック