紅葉シーズン

 今年は11月の半ばを過ぎても暖かい日が続いており、寒がりの私にとっては過ごしやすくてまことに結構なことでございます。個人的には二酸化炭素をどんどん排出して温暖化に貢献したいと思います。温暖化に反対の人はしっかりマスクをして、自分の出す二酸化炭素を再度自分の中に吸い込んで排出を抑えるようにしてくださいね。でもそれで酸素の供給不足になって心身に変調をきたしても当方は責任を負いかねますので、自己責任の下でお願いしますよ。
 これだけ気候がいいと旅行割引とも相まって旅行者は増えていると思いますが、旅客関連に携わる企業及び業者は今のうちにしっかり稼いでおいてください、でないとまた第8波でどうなるか分かりませんからね。しかし個人的にはこの秋の紅葉のシーズンはあまりいい思い出はない。というのも京都で学生時代の4年間下宿生活を送ったが、下宿が紅葉で有名な高雄へ続く道路沿いにあったため、紅葉シーズンは行楽客でバスがメチャ込みで乗り降りするのに苦労したのよ。大学に行こうとバスを待っていても満員通過で乗れなかったり、逆に大学から下宿へ帰る際には満員の中なかなか降りれなかったりで。だから紅葉よ早く終われとばかり思っていた。そんなわけでバスに関しては良い思いはなかったが、この時期バイトでは少し稼がせてもらった。というのは高雄のバス停のすぐ近くの土産物屋と下宿の大家が知り合いだったかで、このシーズンになると下宿している学生にバイトを募っていたのだった。時給は普通だったように思うが、下宿から行き帰り送迎してくれて朝めしと昼めし付きだったから恵まれていたと思う。仕事のほうは土産物屋で観光客相手の販売か、すぐ近くにある駐車場の管理をさせられた。駐車場の管理と言ってもお客さんが決められたスペースに止めるんじゃなくて、キーはつけたままにしてもらってこちら側が車を動かして駐車場内にいかに多くの台数詰め込むかというやり方で管理するというもの。で、私らは多少緩めにスペース確保して駐車させてたんだけど、混んで来ると店の店主がやってきてきつきつに詰めてたな。1台でも多く止めな損という感じで。土産物の店はひっきりなしに誰か来るからさぼれないが、駐車場のほうならそれほど頻繁に車の出入りがあるわけでもないから比較的楽だった。まあそれでも忙しい時はひっきりなしに来るから忙しかったけど。あっそうそう実はこの時私はまだ車の免許なかったのよ、確か仮免ぐらいは行ってたと思うけど正式な免許はなかった。まあ慎重にやれば駐車場の中だけのことやから問題ないわね、それでもぶつけて傷つけてたらどうなったか知らんけど。あの土産物屋今でもあるんやろか?と思うけど立地は一等地だったからそらぁつぶれずに今でもあるんやろね。しかし土産物屋はあるだろうけど学生相手の下宿のほうはなくなって、一般向けの賃貸になってるみたいだからバイト学生を募るのはどうしてるんだろうね。まあバイト学生ぐらい何とでもなりますわな、私が心配せんでも。まあそんな感じでこの時期は過ごしていたので思い出すとちょっと懐かしいですね。ということでまたのう。


トレード日記ランキング

コメント

非公開コメント

トラックバック